• TOP
  • ビジネス
  • 税金かからないiDeCo 年間利回り15%も可能?

ビジネス

2017.02.14 16:00  女性セブン

税金かからないiDeCo 年間利回り15%も可能?

主婦も加入できるようになったiDeCoとは?

 近頃注目されているのが「iDeCo」だ。iDeCoの正式名称は「個人型確定拠出年金」。簡単にいえば「自分年金」だ。公的年金という形ではなく、老後資金を自分で積み立てるという制度である。

「個人型確定拠出年金」制度は以前からあるが、これまで主婦の加入は認められていなかった。昨年9月にiDeCoと命名され、そしてこの1月に制度が変わり、主婦など多くの人が加入できるようになったのだ。

◆税金が掛からないは効果テキメンの投資である

 iDeCoの大きなメリットの1つが、掛け金を支払った分だけ、所得税・住民税が安くなること。何年も積み立てていけば、その“威力”は大きい。

 たとえば、年収127万円のパート主婦の場合、所得税と住民税あわせて年間約3万6000円を支払っている。ところが、iDeCoに掛け金を毎月2万円支払っていれば、その分はほぼ全額が手元に戻ってくる。

 税金が浮いた分を「利益」と考えれば、そのパート主婦の年金資金の“年間利回り”は15%にも上る。銀行に預金しても利息がほぼ0%の時代。そんなに“オイシイ投資話”はそうそうない。社会保険労務士の北村庄吾さんが説明する。

「働いていない専業主婦はもともと課税所得がないので、その恩恵は受けられません。ですが、運用利回りも非課税で、年金受け取り時も控除があるので、メリットは充分です。年収の多いサラリーマン夫や自営業夫ならば、もともとの税率が高いので、さらに大きな額の税金を取り戻せます」

◆口座の金融機関は「管理手数料の安さ」で選ぶ

 iDeCoに入るためには、金融機関で専用口座を作る必要があるが、そんなに難しい手続きではない。大手の三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行でもいいし、ゆうちょ銀行もOK。ネット銀行でもいいし、野村証券や大和証券などの証券会社でもいい。

 ただし、1度選んだら基本的に変更はできないので、そこは慎重に。ポイントは「管理手数料の安さ」だ。

 最初に支払う「新規加入手数料」はどこの金融機関も2800円と変わらないが、「口座管理手数料」は年間2000円程度から8000円程度とバラつきがある。その6000円の差は大きい。20年間積み立てたとすると、12万円の差になる。

※女性セブン2017年2月23日号

関連記事

トピックス