• TOP
  • ライフ
  • 日本で認可されているED治療薬は3種類、それぞれの特徴

ライフ

2017.03.14 16:00  週刊ポスト

日本で認可されているED治療薬は3種類、それぞれの特徴

ED治療薬のそれぞれの効果を解説

 性行為を行なうのに十分な勃起を得られない場合、頼りになるのがED治療薬だ。現在、日本で認可されているED治療薬は「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類。世界初のED治療薬として製品化されたバイアグラは最も有名だが、効果の持続時間は最も短い。

「バイアグラの持続時間は約5時間ですが、レビトラは約8時間、シアリスは最大36時間という長さです。特にバイアグラは性交前にタイミングを見計らって飲まなければならないが、シアリスならデート前に飲むことも可能なため、パートナーにED治療薬の服用を知られるリスクも少ない」(新宿ライフクリニック院長の須田隆興医師)

 最も気になる「勃起改善」の効果はレビトラに軍配が上がる。

「処方の実感としては、『勃起機能が改善した』という報告は、レビトラが最も高く、以下シアリス、バイアグラと続きます」(同前)

 バイアグラのメリットは、ジェネリック薬(後発医薬品)が豊富な点だ。

「バイアグラは2014年5月に特許期間が終了し、その後国内で9種類のジェネリック薬が発売されました。いずれも“本家”と同等の効果がありながら価格は半分程度で、費用対効果が高い。レビトラ、シアリスと比べても半額以下です」(同前)

※週刊ポスト2017年3月24・31日号

関連記事

トピックス