国内

籠池一家の歴史 10億円の借金や糞尿嫌がらせ等で変化

籠池氏一家が愛国主義に執着する理由とは?

「事実は小説より奇なり、でございます。私が申し上げていることが正しゅうございます」──。虚偽の証言をすれば偽証罪にも問われる証人喚問で、3月23日、学校法人「森友学園」理事長の籠池泰典氏(64才)はそう見得を切った。

 そもそもは国有地が破格の値段で学園に売却されたことに端を発し、安倍晋三首相(62才)や妻の昭恵さん(54才)を巻き込んでの騒動に発展したこの問題。当初は関西のイチ教育者に過ぎない籠池氏だったが、カメラの前に姿を現すごとに強烈なキャラクターが鮮明になり、最近ではテレビをつければ籠池氏の顔ばかり。ついには国会にまで出てきて首相や大阪府知事を相手取ってがっぷり四つだ。

「朝日や、やっぱり。やっぱり朝日や! もう朝日嫌い! 朝日嫌いってみんな叫んで!」

 3月9日の会見でそう絶叫した籠池氏の妻・諄子氏(57才)に、長男・佳茂氏(36才)は「共産党と朝日新聞が組んで事態が勃発した」とぶち上げた。籠池氏から次期理事長を託されたのは長女・町浪(ちなみ)氏(32才)だ。今、世間の目は籠池ファミリーに釘付けになっている。

 理屈っぽい夫と激情家の妻とそれを盲目的に追従する子供たち。その家族の“根っこ”には愛国主義への異様な執着がある。この家族はどこから来て、そしてどこへ向かうのか──。

 籠池氏のふるさとは香川県高松市。瀬戸内海を臨む港町で、海運業を営む裕福な家庭に生まれた。

「生家の目の前の道は近所では『籠池通り』と呼ばれ、その先はもう波止場。籠池と書かれた船が並んでいました。近隣住民からは“籠池のお坊っちゃま”と呼ばれていました。ご家族からは“村上水軍の末裔”だと聞いたことがあります」(実家近くに古くから住む住人)

 籠池氏の亡父は先の大戦で小型船による特攻を行う『震洋』の特攻隊に属し、国のために命を捨てようとした経験があった。それゆえに、幼い日の籠池氏は父親から「国の発展、増強のために寄与せよ」と繰り返された。籠池氏のイデオロギーの素地は、この頃に醸成されたのだろう。

 だが、籠池氏が小学3年生の時に家業が行き詰まり、夜逃げ同然で兵庫県尼崎市に転居した。籠池氏は、そのとき祖母から言われた「武士は食わねど高楊枝」という言葉が強烈に記憶に残っているという。

 1976年に関西大学を卒業すると、「公務員として国のために働きたい」と奈良県庁の役人になる。3年後には、学生時代から交際していた諄子氏と結婚した。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン