• TOP
  • 国内
  • 森友問題 ガス抜きとして昭恵夫人を野放しにした政府の責任

国内

2017.03.31 07:00  女性セブン

森友問題 ガス抜きとして昭恵夫人を野放しにした政府の責任

森友問題は昭恵氏を黙認した周囲の責任も

 世間を騒がせる森友学園スキャンダル。同学園の籠池泰典前理事長は安倍昭恵・首相夫人(54才)から100万円の寄付を受けたと主張しているが、昭恵さんはフェイスブックで否定。しかし、国会や会見の場でしっかり自らの口で説明する必要があるのではないかとの声も多い。

 厳しい世論に晒されている昭恵さんだが、最も強い逆風が吹き荒れているのは「家庭内」だ。安倍晋三首相(62才)の私邸(東京・富ヶ谷)はエレベーター付きの3階建ての大豪邸で、2階に首相夫妻が住み、3階に母・洋子さん(88才)が住んでいる。一連の騒動が洋子さんの逆鱗に触れたと指摘するのは、安倍家を知る政界関係者だ。

「岸信介元首相の娘である洋子さんは“政界のゴッドマザー”といわれ、岸・安倍家のために生きているような人です。昭恵さんの勝手な振る舞いに激怒した洋子さんは3階に嫁を呼びつけて『本当に軽率の至りです』とぴしゃり。『家の名に傷をつけていることがおわかりにならないの』『よほど籠池さんに心を許しておいでね』とかなりの剣幕で迫ったようです。昭恵さんは立ち尽くすだけだったそうです」

 国会では“最愛の妻”を守り続けているように見える夫も、すでに彼女の味方ではなくなっているようだ。

「“妻は私人だ”という発言は、単に安倍首相の保身です。たとえば首相は『籠池氏は昭恵の人脈』という発言をしていましたが、本当のところは、首相が学園を訪問する予定がドタキャンになり、昭恵さんが代役になって籠池氏側と知り合った。“妻の責任にすれば政治的責任を負わなくていい”という思惑も透けて見えます」(全国紙政治部記者)

 夫婦の関係は完全に冷え切っているという。

「首相は昭恵さんに連絡したり、会話したりすることを煩わしいことと思っているようで、没交渉状態です。だから、昭恵さんが言いたいことはお付きの役人に伝え、それが何人も通じてやっと安倍さんの耳に入るという関係です。問題発覚後に昭恵さんから籠池夫人にメールを送り、騒動の火に油を注ぎましたが、そんなことは首相が家で“余計なことはするな”と一言いえば済んだ話。それもできない夫婦間断絶が、今回の問題を大きくしてしまっている面もある」(政界関係者)

関連記事

トピックス