• TOP
  • ライフ
  • 大阪・守口のバーボン名店バー 1800年代の逸品も陳列

ライフ

2017.04.14 16:00  週刊ポスト

大阪・守口のバーボン名店バー 1800年代の逸品も陳列

大阪のバー・呂仁の店主・巽誠一郎氏

 1951年に建築された趣のある3階建のビル。バーボン愛好家の間で屈指の名店として知られるこの店「呂仁」は、1階から3階までを酒瓶が占める。店主の巽誠一郎氏(66)は1977年に店を開くと、米国系企業に勤めていた経験を活かし、バーボンの聖地ケンタッキーや、テネシーなどを回り、精力的に買い付けを行なってきた。

「1回の渡米で500本くらいは買っていました」(巽氏)。古くは1800年代後半のバーボンが陳列され、現在では手に入らない酒が所狭しと並ぶその品揃えは、圧巻というほかない。

■呂仁:大阪府守口市本町1-2-2/営業時間:17時~翌2時/チャージ800円/定休日:日(ただし第1、第3日曜日に2階のみ会員制営業)

取材・文■小野一光

※週刊ポスト2017年4月21日号

トピックス