• TOP
  • 国内
  • 祖母の遺骨をごみに出す毒母に苦しめられた茂子(52)の人生

国内

2017.04.19 16:00  女性セブン

祖母の遺骨をごみに出す毒母に苦しめられた茂子(52)の人生

母に鉛筆で腕や背中を刺され…(写真/アフロ)

「毒母」とよばれる母親に悩まされてきた女性が自身の体験を明かす──。「自らの半生を見つめ直し、それを書き記すことによって俯瞰して、自らの不幸を乗り越える一助としたい」という一般のかたから寄せられた手記を、原文にできる限り忠実に再現いたしました。渡辺茂子さん(東京都・52才)が告白します。

 * * *
「毒」という文字の下半分は母。私の半生は、母の毒に苦しみもがき、振り回されっぱなしでした。そしてそれは今なお続いています。

 母はいつも誰かを憎んでいないといられない人。いったん憎しみを持つとトコトンで、まず自分のきょうだいに向けられ、次は父。そして私。

 自分の思い通りにならないと感情を爆発させ、言葉の暴力が止まらない。それだけなら、こちらが感情を鈍くして嵐の通り過ぎるのを待てばいいのですが、母の本当の恐ろしさはそんな生やさしいことではすみません。

 私は物心ついたときから、家で母とふたりだけになるのが怖くて仕方がありませんでした。それがなぜか──わかったのはずっと後のことです。

◆家の家具は、デパートの包装紙でおおわれていた

 父はガス会社に勤務し、母は専業主婦。私はひとりっ子でした。わが家の玄関に立った人がまずびっくりするのは、靴箱全体をおおったデパートの包装紙です。極度に潔癖性の母は、ほこりがつくのを嫌って、家の家具も電化製品も、すべて包装紙で包んでいました。

 その包装紙の上に積もるほこりも気になるようで、朝から晩まで片時も雑巾を手放さないのです。そして夜、帰ってきた父がちょっとでも部屋を汚すと、ものすごい勢いでくってかかります。

「あんたは、ばい菌をこの家に持ち込むのか。あんたが死ぬのはいいが、私と子供を殺したら承知しないからな」

 母は怒ると男言葉になります。そのうち母の怒りは、父個人ではなく、父の親きょうだいに向けられ、「バカ女の息子はやっぱりバカだ」と叫びだします。

 そこまで言われても父はグッと拳を握って、口を一文字に結んで動きません。それをいいことにますますひどい言葉を投げつける母が、最後は泣きわめいて自滅するのがいつものパターン。

 ところが、そうならないことが年に数回起こります。わめき散らす母に、父が拳を振り下ろすのです。4、5才だった私は、「ママを助けて」と泣きながら、お向かいの家に助けを求めた記憶があります。

 しかし、父の拳はあくまで母の暴言の対抗手段で、私に手をあげたことは一度もありませんでした。

◆母に刺された鉛筆が背中で折れ、気絶した

 今思えば、ダイニングキッチンも異様でした。父は2階の自分の部屋で食事をとっていました。母がお盆にのせた食事を階段の踊り場に置くと、知らない間に父が受けとり、空になった食器をまた階段に戻しておくのです。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス