芸能

みやぞん 近所の放置自転車回収請け負う有名人だった

地元でも昔から“いい人”で有名なみやぞん(公式HPより)

 松本人志(53才)に「なかなかのもんやわ」と言わしめ、伊集院光(49才)は「果てしないバカ」「おもしろ脳」と絶賛。ヒロミ(52才)からは名指しで共演を求められ、同い年の松田翔太(31才)とは意気投合して連絡先を交換する。今、芸能界で最もアツイ男。それが、お笑い芸人・みやぞん(31才)だ。

 火をつけたのは、レギュラー出演中の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。昨年の夏に初登場するや、出演回を追うごとに視聴率は上昇。一躍人気者となった。

 異国の地で指令される空中ブランコや少林拳、闘牛などの無茶なチャレンジに、いつも初めは「ちょっと無理」と怖気づいてしまう。しかし、いざ始めると野球や格闘技で鍛えた運動神経を武器に臆することなく挑戦。「素直でバカ」な持ち味を生かして(?)計算外のハプニングも起こす。その珍事の数々に、「目が離せない」と話題となっている。

「天才的な能力を発揮するのに、とてつもなく抜けてて、とにかくやることなすこと規格外。みやぞんは耳で聴いた音楽をギターで即興で弾けますが、コードを見ても全然弾けなかったり、高校時代は130kmの球を投げるエースで4番だったのに、部活の体質が合わずアッサリとやめてしまったり。人の良さがにじみ出ている顔もいいんですよね」(テレビ関係者)

 でももっと規格外なのは、みやぞんのファミリー。東京・足立区出身で4人の姉を持つ末っ子だが、実は「近所のお兄ちゃん」と思っていた人が実の父親だったという。

「上2人と3、4番目のお姉さんとは、お父さんが違うそうです。“実はぼく、お母さんと近所のお兄さんの隠し子だったんですよー”と笑いながら番組で明かしていました」(前出・テレビ関係者)

 家族仲は良好。彼がお笑いの世界に入れたのも、劇団に所属していた姉がウド鈴木(47才)を紹介してくれたことがきっかけだった。

 保育園時代からの幼なじみの相方とコンビ『ANZEN漫才』を組み、2009年デビュー。ブレークするまで約6年は、いくつものバイトで食いつないでいたというが、こんな“活動”にも精を出していた。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン