• TOP
  • 国際情報
  • 落合信彦氏 「プーチンは戦争したくて仕方がない男だ」

国際情報

2017.05.16 16:00  SAPIO

落合信彦氏 「プーチンは戦争したくて仕方がない男だ」

 ロシアでは今、多くの若者がISの影響を受け、シリアなどでISと接触してテロの方法などを訓練された後、帰国していると言われる。爆弾を持った不満分子が多数いるという状況だ。サンクトペテルブルクで起きたようなテロは、ロシア国内で今後も繰り返されるだろう。

 経済が落ち込み、国民がテロに怯える中で、プーチンが批判の矛先をずらすために戦争を始める可能性は、十分ある。いま世界は、あちこちで戦争に向かう動きが加速しているのだ。

※SAPIO2017年6月号

関連記事

トピックス