芸能

新幹線ホームで菅田将暉のファン同士がトラブル、警察沙汰に

ファン同士が警察沙汰の騒動に

 菅田将暉(24才)に野村周平(23才)、竹内涼真(24才)、間宮祥太朗(23才)、志尊淳(22才)、千葉雄大(28才)ら今をときめくベスト・オブ・ベストのイケメンたちが顔を突き合わせ、深謀遠慮の生徒会長選挙に奔走する話題の映画『帝一の國』。4月末に公開されるやいなや、

「主人公役の菅田くんが最高!」
「お坊ちゃま風の野村くんにくすぐられる」
「私は千葉くん推し!」
「弾役の男の子(竹内)カッコよすぎる」

 と、世の女性ファンの黄色い声が飛び交っている。そんな彼らの人気ぶりが思わぬ騒動を招いてしまった。

 菅田は公開翌日から、3日間かけて日本全国を飛び回り、福岡や大阪、仙台など8か所で舞台挨拶を行った。5月1日の夕方、菅田が訪れたのはさいたま市内の映画館。到着を前に、JR大宮駅の新幹線ホームには「菅田の姿を一目見たい」という十数人のファンが集まっていた。

「お昼が仙台で挨拶だったのできっと新幹線でここに来るだろうと待ってたんです。熱心なファンが集まったんですが、ちょっと温度差があるようでした。なにがなんでも一緒に写真を!みたいな熱狂的な人もいれば“静かに見守ることこそ真のファン”みたいな人もいて」(居合わせた人)

 菅田を乗せた東北新幹線・はやぶさ58号が夕方5時6分に駅に到着。ホームに降り立ったところでトラブルが起きた。

「キャーキャー黄色い歓声をあげて騒がしく写真を撮り始めた一部の人に向けて、見かねた別のファンが注意するようなことを言ったんです。写真やめましょうよとカメラを手で遮ったりしているうちに手が体に触れたみたいなんです。それで、“今ぶつかった、叩かれた! これ傷害罪ですよ!”って叫んで大騒ぎになっちゃった。

 最初は“菅田くん!”“かっこいい!”っていう呼びかけに笑顔で応えていた菅田さんでしたが、ところどころに“傷害罪!”“警察!”っていう叫び声が交じっている状況に表情は一変し、青ざめてました。ホームからスタッフに囲まれて歩いて移動しながら、心配そうに見つめてましたよ。結局、トラブルになった人たちは駅構内の交番に駆け込んだみたいです」(前出・居合わせた人)

 一歩間違えれば大惨事となっていてもおかしくない。スターへの愛もほどほどに。ファンにも「節度をもった愛情」が求められている。

※女性セブン2017年6月1日号

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン