芸能

松田聖子 娘・神田沙也加の披露宴不参加の裏事情

披露宴に母・聖子の姿がなかった理由とは?

「すごく豪華なレストランでしたよ。壁一面にウイスキーのボトルが並んで、天井にはキラキラ輝くシャンデリア。だけど、パーティー自体は素朴で温かいものでした。スピーチや余興は一切なく、立食形式でみんな自由に歩き回っておしゃべりに花を咲かせてました。大地真央さん(61才)ご夫妻が仲よく並んで座っているところに沙也加さん(30才)が挨拶に行っていたのが印象的でした」

 5月13日に都内のレストランで行われた神田沙也加と村田充(39才)の結婚披露パーティーに出席した1人はこう語った。沙也加が尊敬する“もう1人の母”である大地のほか、ふなっしーまでかけつける盛況ぶりだったが、そこに父・神田正輝(66才)と母・松田聖子(55才)の姿はなかった。

「不仲で呼ばなかったという話もありますが違うんです。友人同士のパーティーだから聖子さんは遠慮したそうです。神田さんもハワイ挙式に参列したし今回は、と。それに、もし両方出席したいといっても、離婚した両親を呼ぶ、呼ばないというのは複雑な問題ですもんね」(前出・出席者)

 離婚した両親が子供の結婚式に揃って出席するケースは稀だという。2015年に挙式した杏(31才)と東出昌大(29才)のケースもそうだ。杏の実父の渡辺謙(57才)とその再婚相手である南果歩(53才)が揃って出席する一方で、渡辺の前妻、つまり杏の実母は姿を見せなかった。

「離婚した父母が子供の結婚式で顔を合わせるケースは全体の1割くらいです」と言うのはウェディングプロデューサーの大和田浩子さん。聖子と神田のように、離婚後、連絡を一切絶っている場合は特に両方を呼ぶのは難しいという。

「別れたふたりを呼ぶのは非常識なのではと考える人もいて、新郎新婦が悩んだ結果、片親しか呼ばないと決めるケースも少なくありません」(大和田さん)

 ふたりが顔を合わせたくないという理由や、せっかく出席してくれた人たちに気を使わせては申し訳ないという理由からふたりとも呼ばない、あるいは結婚式自体しないという選択をする新郎新婦もいるそう。

 仮に両者とも出席する場合には、気まずい雰囲気にならないよう、新郎新婦と相談して少し離れたテーブルに席を用意するなど配慮する。

関連記事

トピックス

岩田絵里奈アナと結婚発表の水卜麻美アナ
日テレ・水卜麻美アナの電撃結婚の背景にあった「岩田絵里奈アナの“左遷人事”」
NEWSポストセブン
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
水卜麻美アナと電撃婚の中村倫也、「絶対に彼の良さは伝わる」事務所社長が信じ続けた俳優としての才能
NEWSポストセブン
“体に入れるもの”にこだわっていた道端ジェシカ(時事通信フォト)
カエル毒、粘土を使って…道端ジェシカ容疑者「薬物逮捕」で注目される“特殊な健康志向”
週刊ポスト
不倫疑惑も報じられた篠田麻里子
《離婚成立》篠田麻里子、不倫疑惑で「地元福岡ドラマ」の出演が見送りになっていた 始球式務めたホークスとも離別
NEWSポストセブン
アナウンス力、ナレーション技術も高く評価される
中村倫也と電撃婚の水卜麻美アナ、ザワつかせた「結婚発表2週間前の号泣」ようやくわかったその胸中とは?
NEWSポストセブン
吉村洋文氏
吉村洋文・大阪府知事が春場所千秋楽の表彰式を「欠席」 公職選挙法との関係か、選管の見解は
NEWSポストセブン
10年前の襲名当時の香川と團子
香川照之の息子・團子がテレビデビューの可能性 “父の代わりに一門を食わす”覚悟
NEWSポストセブン
成人男性の体重が36.8キロになっていた(大津地裁)
【同居男性虐待事件】懲役24年の判決に“涙なき”嗚咽の被告女性「被害男性にゴキブリの足を食べさせていた」
NEWSポストセブン
卒業アルバムも合成や加工が当たり前に?(イメージ)
いまどきの卒業アルバム 合成、差し替え、加工まで何でもありの現実
NEWSポストセブン
明菜
中森明菜が突如コメント「バカ殿」志村けんさんとのこと「どれだけダメ出しされても大丈夫」のアドバイスも
NEWSポストセブン
当時、唐橋は交際について「そっと見守ってください!」とコメント(2018年10月撮影)
《メガネを外した貴重シーン》唐橋ユミが表情トロン、結婚相手の映画監督とラブラブデート現場
NEWSポストセブン
体罰のニュースが今も続いている(イメージ)
なくならないスポーツ界の体罰 必要悪だと思う人が多かった背景
NEWSポストセブン