ライフ

家の「ダニに好かれる度」チェックリストとダニ対策法

フケ&垢を好むヒョウヒダニ。気管支喘息などアレルギーの原因に

 沖縄が早くも梅雨入りし、ジメジメした雨の季節が到来。この時期、カビとともに猛威をふるうのが“ダニ”だ。ライオンの研究開発本部で害虫について研究する“虫博士”こと亀崎宏樹さんは、ダニについて、こう強調する。

「5月の終わりから梅雨前までの時期が、室内のダニを効果的に減らすラストチャンスなんです。というのも、冬の間は増殖が活発でなかったダニたちが、気温の上昇とともに活動が活発になり、梅雨から夏に向けてパワー全開になります。この時期には、増殖率が一気に上がるので、この活動期に入る前に、できるだけダニを減らしておきましょう」

 ダニは人の服やバッグなどについて室内にやってくる。自分の家のどのあたりに多く生息しているのかを、下に挙げた「ダニに好かれる度」リストで、まずはチェックしてみよう。

□畳に絨毯を敷いている。
□家具の隙間、ベッドの下にほこりがたまっている。
□部屋の掃除機がけは週に1回かそれ以下である。
□布団に掃除機をかけたことがない。
□窓を閉め切っていることが多い。
□ペットを飼っている。
□押し入れ内の気温が高い。
□開封した小麦粉や天ぷら粉などの粉状食材を常温保存にしている。

 当てはまった項目が2個以下なら、ダニが住みにくい環境といえるが…、注意すべきは3個以上。ダニが住みやすい環境なので、アレルギー症状が出てくるかも。深刻なのは6個以上。多くのダニが繁殖している可能性がある。

 とはいえダニ皆無の家はないので、チェック数にかかわらず安心できない。ダニの怖さについて、銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子さんはこう語る。

「室内に多いダニは、ヒョウヒダニやコナダニで、いずれも刺したり吸血することはありません。ただし、死がいやフンがアレルギー性の喘息や鼻炎を引き起こし、直接触れると目や鼻の周り、全身の肌にアレルギー反応が出ます。症状には個人差があるので、原因不明の発疹が出たら、皮膚科に相談を」

 掃除機がけは、人に被害を与える死がいやフンだけでなく、ダニのエサとなる食べ物カスなどを取るので、ダニ繁殖の予防になる。また、湿度も繁殖を加速させると前出の亀崎さんは加える。

「2週に1度は、キッチンの戸棚や押し入れ、下駄箱など、普段開けない扉を開けて風を通しましょう。天気のいい日は、窓を開けてすべての扉や引き出しを開けておくのがおすすめです」(亀崎さん)

 一方、ダニが最も多く生息する、寝汗が染みついた布団のケアは…。

「天日干しをすれば死ぬと思われていますが、これは間違い。死滅するのは50℃の熱を20分浴びた時。天日干しでは布団全体が50℃を超えるのは難しく、暑いと感じれば涼しい裏側へ逃げるだけ。内部が50℃以上になるよう乾燥機にかけ、死がいやフンを掃除機で吸引すれば完璧」(亀崎さん)

 ただし、天日干しは、除湿になるので、予防法としてはおすすめだという。両面を干した後、すぐに掃除機がけを。

※女性セブン2017年6月8日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

米東部ペンシルベニア州バトラーで、警護官に囲まれるトランプ前大統領(EPA=時事)
《トランプ前大統領銃撃事件で使用》「全米で広く出回る」AR-15ライフル、日本の暴力団が「使わない」理由
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
日本競泳界の新エースとして期待される本多灯
【パリ五輪・競泳】日本のエース・本多灯の直前練習に密着 自称“無邪気な永遠の4歳児”は「勝つ自信はあります」と凛々しい表情
週刊ポスト
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン