• TOP
  • 芸能
  • 『ひよっこ』の視聴率回復を支える2人の女子高生女優

芸能

2017.05.27 07:00  NEWSポストセブン

『ひよっこ』の視聴率回復を支える2人の女子高生女優

『ひよっこ』で注目の女優・藤野涼子

 有村架純(24)主演の朝の連続テレビ小説『ひよっこ』の視聴率が回復基調にある。20%超えする回数こそ多くないものの、一時期の低迷期を脱出。平均視聴率19%台を記録することが多くなってきた。その背景には2人の女子高生女優の存在があるという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
『ひよっこ』は4月3日のスタート当初からコンスタントに視聴率19%前後を記録していましたが、第5週の5月2日には最低の17.6%にダウン。先行きが不安視されまれましたが、ヒロイン・みね子(有村架純、24歳)と親友・時子(佐久間由衣、22歳)が向島電機での仕事になじみはじめたころから上昇し、13日には3週間ぶりに20%を超え、17日にも最高の20.9%を記録しました。

 このV字回復をもたらしたのは、向島電機の女性社員が暮らす「乙女寮」の新メンバー4人。みね子と時子を含む“6人娘”の貧しくも笑顔あふれる日々は、1970~1980年代の青春ドラマを思わせ、視聴者をなごませています。

 これまでの放送では、おとぼけメガネっ子の澄子(松本穂香、20歳)や、成績トップの寮長・幸子(小島藤子、23歳)に注目が集まりがちでした。しかし裏を返せば、優子(八木優希、16歳)と豊子(藤野涼子、17歳)が、陰で6人娘のシーンを支えているとも言えます。

◆年少の女子高生2人に与えられた難役

関連記事

トピックス