• TOP
  • スポーツ
  • 12連敗を経験 前DeNA監督・中畑氏が語る「交流戦の魔物」

スポーツ

2017.05.29 11:00  週刊ポスト

12連敗を経験 前DeNA監督・中畑氏が語る「交流戦の魔物」

中畑清氏が交流戦の難しさを語る

 プロ野球・ペナントレース開幕前、この展開を予想した人がどれほどいただろうか──。交流戦開幕前のセ・リーグでは、阪神が5月17日に今季最大となる貯金12を積み上げ、そのまま首位を走り続けている(5月25日現在)。

 虎党にとっては5月の勢いのまま交流戦も勝ち進んでほしいところだが、セ・リーグ上位球団にとって「鬼門」となってきたのが交流戦でもある。その怖さを最もよく知るのが、前DeNA監督・中畑清氏だ。

「4年間監督を務めて、勝ち越したのは2014年の1回だけ。最終年の2015年は12連敗だもんね。記者から『もうすぐ交流戦ですね』といわれるのが一番イヤだったよ」(以下「」内は中畑氏)

 2年前の2015年シーズン。中畑DeNAは貯金10、リーグ首位で交流戦を迎えた。しかし、そこから“地獄”が待っていた。パ・リーグ球団を相手に3勝14敗1分(勝率1割6分7厘)と大きく負け越した。

「交流戦で変わった流れは簡単には戻せない。セの球団との対戦に戻ってからも交流戦のショックを引きずってしまい、ズルズルと順位を落としてしまった」

関連記事

トピックス