• TOP
  • スポーツ
  • ドラフト競合を避けがちの巨人、早実・清宮の指名はあるか

スポーツ

2017.06.15 16:00  NEWSポストセブン

ドラフト競合を避けがちの巨人、早実・清宮の指名はあるか

 長嶋終身名誉監督は、清宮が高校通算100本塁打を記録したことについて問われると、「すごいねえ。実際に見ているわけではないけれど、今の選手の中ではナンバーワンバッターだね」と絶賛。「できれば早くプロ野球に入ってほしい。僕はそう思う。早く見てみたい」と高卒即プロ入りを熱望している。一方で、清宮には早稲田大学進学説も未だに根強い。

「将来的にもプロ入りを全く望んでいないなら別ですが、単なる遠回りでしかないですよ。そもそも、大学はドラフトにかからなかったり、上位指名されなかったりする選手が進学する場所。清宮のように複数球団からの1位指名が予想される選手がそのチャンスを逃す手はない。早実から早大に行き、伸び悩んでいる斎藤佑樹(日本ハム)が良い例でしょう。

 4年後、必ずしも清宮が現在のような成長スピードを保っているとは限らない。というより、大学野球レベルに合わせていたら間違いなく成長は鈍化するのではないでしょうか。プロ野球界のことを考えると、大学に行かず、絶対に即プロ入りすべき。ケガする可能性だってあるし、鉄は熱いうちに打たないといけない」(同前)

 今オフのドラフトで最大の目玉となるであろう清宮。プロ入りを表明すれば、争奪戦は必至。その中に巨人は加わるのだろうか。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス