国内

安倍首相の後継者問題に新展開 司法試験諦めた甥が準備か

 信千世氏に聞いてみたところ、「コメントは差し控えさせていただきます」としながらも、「あくまで一般論としてですが、一般企業で揉まれた経験のある人は、懐の広い政治家になれるような気はしますね」と意味深な言い方を付け加えた。

 盤石の地盤と名家の看板、そして継承される潤沢な政治資金を引き継ぐのはどちらなのか。出馬と同時に当選が約束され、バッジを付けた瞬間に「将来の総理候補」として扱われるだけに、2人の甥の動行は国民にとっても重大な関心事である。

※週刊ポスト2017年7月7日号

関連記事

トピックス