芸能

海老蔵 麻央さんの後押しでブログ始め、好意的な反応に衝撃

ブログを始めたのも麻央さんの勧め

 乳がんで亡くなった市川海老蔵(39才)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)。3年近い闘病中、麻央さんの命は何度も尽きかけようとしたという。当初は昨年夏が1つの山といわれていた。今年5月上旬にも危篤状態に陥ったことがあったという。それでも、麻央さんの命の灯火がここまで消えなかったのは、麻央さん自身の強い意志と海老蔵の尽力のたまものだった。

「麻央さんは、高濃度水素水を使った『水素温熱免疫療法』や食事の代わりにオーガニックの野菜や果物のみを使ったジュースを飲む『ジュースクレンズ』など、がん治療に効果があると聞けば何でも試していました。酵素を加えたヒノキのおがくずや米ぬかに、砂風呂のように入浴する『酵素風呂』ががんに効果があると聞けば、そのためだけにマンションの一室を借りて自作したほどです。元千代の富士(享年61)や樹木希林さん(74才)が通った鹿児島のがん専門クリニックにも治療を求め、ニューヨーク在住の日本人医師に何度も相談するなどあらゆる手を尽くしていました」(芸能関係者)

 その行動の陰には麻央さんへの海老蔵の深い愛があったに他ならない。

「どんな奥さん? ぼくを変えた奥さんなんじゃないですか」

 6月23日の会見で、海老蔵は涙ながらに麻央さんのことをそう評した。

 歌舞伎の超名門・成田屋の跡取りとして生まれた海老蔵は若かりし頃、ワガママで礼儀知らずの面ばかり知られた。

「暴飲暴食も激しく、夜の街でひたすら遊びまくる日々を過ごしていました。歌舞伎に対しても真摯な態度ではなく、父親の十二代目・市川團十郎さんとの確執もあった。2010年3月に麻央さんと結婚してからも海老蔵さんの生活態度は改まりませんでした」(海老蔵の知人)

 結婚から1年も経たない2010年11月、海老蔵は西麻布で暴行事件に巻き込まれ、顔面に全治2か月の大けがを負う。世間ではこの事件を転機に痛い目を見た海老蔵が心を入れ替えたとされるが、実情は違うという。

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン