芸能

「不倫は文化」直後にお受験失敗の石田純一がリベンジ挑戦

「不倫は文化」発言でお受験大失敗の過去

 この夏、お受験戦争に奮闘する芸能人パパは多い。過去にお受験で大失敗した石田純一(63才)は“リベンジ”に燃える。

 1996年秋、石田が世間を大いに賑わせた「不倫は文化」発言をした当時、妻の松原千明(59才)との娘・すみれ(27才)は私立小学校受験の真っ最中。しかも石田の発言が大きく報じられた翌日が、入試面接という最悪のタイミングだった。

 その時、石田の出席はマイナス要素になるだけと思った松原は、ひとりで面接を受けようと決めていた。

「ところが受験当日、石田さんは堂々と面接会場に現れました。しかも面接官から『“不倫は文化”とはどういう意味ですか』と問われて、『アハハ…』と笑って、何も答えられなかった。結局、すみれさんは不合格、他の私立も落ちて公立に通うことになりました。娘の受験を壊された松原さんがキレて、のちの離婚の原因の1つになりました」(スポーツ紙記者)

 その後、石田は22才年下の東尾理子(41才)と再婚。長男の理汰郎くん(4才)が生まれた。その理子は、理汰郎くんが1才の頃から多数の幼稚園や小学校の説明会やオープンスクールに参加するほどの「教育ママ」だ。

「今は難関校に狙いを絞ったらしく、父母で出なくてはならない『受験指導会』に毎回参加しています。受験は来年なのに、『早いに越したことはない』と理子さんが主導して準備を始めているそうです。いつもはダンディーな石田さんが、多忙の中、眠たそうな目をこすって参加する姿には哀愁が漂います。チラッと見ましたが、さすがに靴下ははいてましたね(笑い)」(指導会の参加者)

 実際、「『ぼくは公立でもいいと思うけど、理子が譲らなくて…』とぼやきながら、参加しているそうです」(前出・スポーツ紙記者)と言う通り、ママに翻弄されているようだ。

 今年6月に34才の若さで亡くなった小林麻央さんと市川海老蔵(39才)の長女・麗禾ちゃん(6才)は今秋、小学校受験を控える。

「もともと麗禾ちゃんは青山学院の付属幼稚園に合格していましたが、あそこは母親が担う仕事が多いことで有名。当時の麻央さんは病気を隠していたため、幼稚園に顔を出さなければ周囲から理由を詮索されるとして、仏教系の幼稚園に入園しました。麻央さんの闘病中、麗禾ちゃんと長男・勸玄くん(4才)の送り迎えは麻央さんの姉・麻耶さん(38才)や、海老蔵さんの母・希実子さんが主に受け持っていました」(歌舞伎関係者)

 麻央さんの闘病中の今年4月には、都内で名門小学校の卒業生が集うイベントに麗禾ちゃんの姿があった。

「希実子さんに連れられた麗禾ちゃんと勸玄くんが体験スペースで動物の被り物をつくり、『絶滅危惧種について』というお話を熱心に聞いていました。麗禾ちゃんの受験先候補の1つだそうです」(前出・歌舞伎関係者)

※女性セブン2017年8月10日号

関連記事

トピックス

4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
利益率80%超の「オンラインパーティー」を開催していた小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
【小泉進次郎氏の“オンラインパーティー”集金術】法令のスキマをフル活用して利益1200万円 専門家は「新たな抜け道になる」と懸念
週刊ポスト
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
大谷翔平の肩がメロンのようにデカい
【ドジャース大谷翔平の筋肉トレーニング】思わず目に入る、弾けそうな“メロン肩”
女性セブン
(番組公式Xより)
『不適切にもほどがある!』での話題の河合優実、その確かな実力と経験 「朝ドラヒロイン」待望論も
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 令和バブルの新・長者番付「調査表」公開ほか
NEWSポストセブン