芸能

市川海老蔵、愛娘のバレエ発表会を“麻耶ママ”に託す

海老蔵から愛娘の「晴れ舞台」を託された小林麻耶

 小さなバレリーナたちが、ステージの上でかわいらしく舞っている。わが子の一挙手一投足を見逃さないように熱視線を送るママたちの中で、客席の最前列から一際大きな歓声を上げていたのは、小林麻耶(38才)だった。

 8月上旬、都内のコンサートホールで名門バレエ教室の発表会が行われた。黒木瞳(56才)や君島十和子(51才)も娘を通わせたそのバレエ教室で、市川海老蔵(39才)の長女・麗禾ちゃん(6才)もレッスンを受けている。

「麗禾ちゃんは発表会の最初の演目『バレエスィート』と『眠れる森の美女』に出演しました。白いチュチュがとても似合っていましたよ。『眠れる~』では赤ずきん役で、演目後に子供たちが横一列になって挨拶をするときには、センターできっかけの声掛け役も担っていました。しっかり者の子が指名される大事な仕事ですよ」(観劇した人)

 名古屋公演中だった海老蔵は、残念ながら娘の晴れ舞台にかけつけることはできなかった。小林麻央さん(享年34)が亡くなって1か月半、海老蔵が愛娘を託したのが“麻耶ママ”だった。

「麻耶さんは麗禾ちゃんに声援を送る一方で、終演後には一目散に勸玄くん(4才)をトイレに連れて行ったり、ママ友に挨拶したり、みんなで記念撮影したりととても忙しそうでした」(前出・観劇した人)

 発表会の2日前にも、麻耶は会場入りしていた。その日は発表会のリハーサル。麗禾ちゃんを送り届けた麻耶は、ママ友と連れだって近くのカフェでおしゃべりを楽しんだ。

「リハーサル後、ロビーで麗禾ちゃんを笑顔で迎えていました。でもそのあと“本番まで体調を崩さないでくださいね”という先生からの注意には、一転して真面目な表情で耳を傾けていました」(居合わせた保護者)

 会場を出た麻耶と麗禾ちゃんはしっかりと手をつなぎ、顔を寄せあっておどけた様子も見せていた。

「麻耶さんは、麻央さんの治療のために移り住んだ都内のマンションで、今も“家族”同然の生活を送っていると聞いています。

 2人の子供たちはもちろん、海老蔵さんにとってもなくてはならない存在でしょう。ですから、支援者のかたがたから“麻耶さんに奥さんになってもらったら”という声も出てくるんでしょうね」(歌舞伎関係者)

※女性セブン2017年8月24・31日号

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン