芸能

おりも政夫も唖然! 芸能人水泳大会での松本伊代の驚愕行動

司会のおりも政夫も驚いたという

 人気の芸能人が多数出演する「水泳大会」が放送されたのは1970年8月11日、『紅白スター対抗水泳大会』(フジテレビ系)が最初だった。司会はてんぷくトリオ、出場者はクール・ファイブ、中尾ミエ、ヒデとロザンナ、美川憲一、千昌夫などの人気歌手。その後、各局がこぞって放送を開始するようになる。

 フォーリーブス時代は選手として参加し、1980年代は司会を務めた、おりも政夫が振り返る。

「当時、運動会や野球大会など芸能人が出場するスポーツ番組がたくさんあり、その一環として生まれました。五木ひろしさんや八代亜紀さんなどの演歌歌手も水着になっていましたよ」

 当初は年齢やジャンルを問わず人気歌手が出場していたが、1971年デビューの南沙織や中3トリオと呼ばれた山口百恵、桜田淳子、森昌子などのアイドル歌手が人気を集めるようになると、水泳大会でも必然的に彼女たちが中心になっていった。『アイドル進化論』の著者である社会学者の太田省一氏が話す。

「水着で動くアイドルの姿は本当に貴重でした。今ではイメージビデオで見られますが、1978年の段階でビデオの普及率は1.3%で、ビデオソフト自体もほぼ発売されていませんでしたから。恥ずかしそうな佇まいに色気を感じたものです」

 榊原郁恵や河合奈保子、柏原芳恵はグラマラスな体型で、石川秀美は美脚で注目を集めた。

「プロポーションの良さに初めて気付くこともあれば、意外と運動神経がいいとわかることもありました。歌番組では決して見られないアイドルの一面を知ることができたんです」(太田氏)

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン