• TOP
  • スポーツ
  • 「松井5敬遠」明徳義塾・馬渕史郎監督が報道陣に人気の理由

スポーツ

2017.08.19 07:00  NEWSポストセブン

「松井5敬遠」明徳義塾・馬渕史郎監督が報道陣に人気の理由

甲子園で人気監督(写真:アフロ)

 明徳義塾高校・馬淵史郎監督が報道陣に人気があるという。一般の野球ファンが持つイメージとはギャップがありそうだ。魅力の秘密はなにか。現地で取材を続けるフリーライターの神田憲行氏が説明する。

 * * *
 甲子園に出場すると、記者の取材の囲みが最後までとけないで、ずっと人の輪が出来ている監督さんがいる。

 明徳義塾高校の馬淵史郎監督もそのひとり。明徳義塾が甲子園に来ると、私も試合前取材の最初から最後までずっと馬淵さんの前にいる。

 その魅力は野球についての高い見識、も、あるが、やはりユーモアだ。たとえば今大会では1回戦の試合前、

「うちは下位打線からチャンス作って点を取ることが多い」

 と自チームの説明をしながら

「7、8、9番でチャンス作って、1、2番でランナー返して、ほんで3、4、5番でチェンジや(笑)」

 と笑わせる。延長戦を制した1回戦の試合後の取材では、テレビインタビューを受けるお立ち台に登る際に汗だくの顔をタオルで拭きながら、

「はぁ~勝ったわ……」

 とつぶやいて周りの記者を和ませた。

 2回戦は雨で順延になったが、雨天練習場での取材でも、取材用のお立ち台に登ることを高野連関係者に促されて、

「ここに登んの? なんか勝ったみたいやわあ」

 といそいそと上がって、記者たちを笑わせた。

 名言も多い。去年は投手の理想の立ち上がりについて、

「飯炊くみたいに」

 と形容した。そのココロは、「初めチョロチョロ」である。派手に三振を取って力投型で立ち上がるのでなく、内外野に打たせて取る、静かな立ち上がりがいい、ということだ。

 過去の名言で私のお気に入りは、最近はあまり言わなくなったが、負けて甲子園から帰るときに言い残していく

「終着駅は始発駅」

 というものがある。失敗から立ち上がって再スタートを切るときに自然と胸にわき起こるような、汎用性の高い言葉だと思う。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス