• TOP
  • 国内
  • 次期総裁選「麻生・岸田連合vs菅・石破連合」に二階氏動く

国内

2017.09.07 16:00  週刊ポスト

次期総裁選「麻生・岸田連合vs菅・石破連合」に二階氏動く

複雑なトライアングル(写真:共同通信社)

 支持率が大幅に低下し、これまで懐刀として動いてきた今井尚哉・総理首席秘書官とも距離を置かざるを得なくなった安倍晋三首相。今井氏が記者との「オフ懇」(オフレコ懇談)で、「今すぐ辞めてやる!」と啖呵を切ったと記されるメモが存在するのだ。内閣改造でも側近を閣外に出さざるを得なくなるなど、官邸内の「チーム安倍」は崩壊し始めた。そうして安倍首相が“裸の王様”になったとみるや、政権の実力者たちは露骨に「ポスト安倍」に爪を研ぎ始めた。

 一番野心をギラつかせるのが派閥拡大で党内第2の勢力を持った麻生太郎副総理だ。岸田派幹部が語る。

「麻生さんは安倍総理の退陣は近いととらえ、はっきり“次”を狙っている。総裁候補に浮上した河野太郎・外相に加えて、小泉進次郎の取り込みも図っており、麻生派はポスト安倍の有力候補の岸田文雄・政調会長が『麻生さんのワンポイントリリーフを支持するなら幹事長に処遇して次の次の総理・総裁の座を約束するが、総裁選に出馬するなら河野や進次郎を対抗馬に立てる』という情報を流して揺さぶりに出ている」

 岸田氏は安倍首相との間に政権禅譲密約説が流れるが、麻生サイドはいまや首相にそんな力は残っていないと見て取り込みを図ろうとしているのだ。

 そうなると麻生氏と“犬猿の間柄”といわれる菅義偉官房長官は当然、麻生再登板阻止へ動くことになる。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス