• TOP
  • ライフ
  • ステージ4の73歳がん患者「緩和ケアの最後の1年間」

ライフ

2017.09.21 11:00  週刊ポスト

ステージ4の73歳がん患者「緩和ケアの最後の1年間」

 平野さんの体重は、以前の64キロから50キロを割っていた。食欲が落ちて、4日間で食べたのは、ヨーグルト2つ。でも仕事に対する意欲は変わらず強い。

 がん患者が食事を摂れなくなると、病院では点滴などで栄養補給を行うのが一般的だが、萬田医師はこれに否定的だ。

「食べなきゃ死んじゃう、と思う人が多いですけど、がん患者の場合は無理に食べずに痩せたほうが元気ですし、最後まで歩けます。点滴などで最後まで栄養補給され、身悶えして苦しんで亡くなる患者をみてきました」

●2015年5月──

 平野さんが設計した漬物製造ユニットが完成、お披露目となった。彼の仕事としては小規模なサイズだが、ユニットの構造を説明する顔は、誇らしさに満ちている。主食はヨーグルトで、本人いわく「順調に“枯れている”」らしい。

●2015年6月──

『件名:ワァーイ7番目の孫の誕生だ

 生まれ変わりの誕生で心置きなく幽界へ 安心と落ち着き感をもたらしました』

関連記事

トピックス