国際情報

最新国際情報記事のRSS

中国著名ブロガー「プーアル茶に発がん性」発言巡り訴訟沙汰

2017.09.30 07:00

 中国の著名なブロガーで、SNSのフォロワーも13万人以上いる方舟子氏が、伝統的なお茶、プーアル茶に

 中国の著名なブロガーで、SNSのフォロワーも13万人以上いる方舟子氏が、伝統的なお茶、プーアル茶について、「発がん性物質を含んでおり、肝臓がんにかかる可能性がある」などと発言したところ、プーアル茶の産地である雲南省のプーアル茶の生産者の団体などから抗議が沸き上がり、600万元(約1億円)もの賠償金を求めての訴訟を起こすとの通告を受けたことが分かった。

 方氏はあわててネット上の記事を消去し、謝罪したが、生産者の団体は今後、訴訟を取り消すかどうかについては、まだ態度を明らかにしてないという。雲南省のニュースなどを扱うインターネットニュースメディア「雲南網(ネット)」が報じた。

 方舟子氏は、1967年9月28日、福建省で生まれ、現在49歳。中国科学技術大学を卒業し、米ミシガン大学で博士課程を修了。専門は生物化学なだけに、ネットなどで、食品の安全問題や医療問題を中心に論じているが、専門にかかわらず、宗教や環境問題、あるいは政治や役人にまつわる腐敗などの時事問題も幅広く論じている。

 その専門性の高さや歯に衣着せぬ論調の鋭さ、あるいは時として傲慢で、自己中心的な正義感を振りかざすことに対して毀誉褒貶がある。

 今回の論議を呼んだのは、プーアル茶のなかに、カビ毒の一種であるアフラトキシンという成分が含まれており、肝臓がんの発症リスクがあるという説だ。

 方氏はこの説について雲南農業大学が国際的な学術誌に発表した論文から引用したと主張している。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP