• TOP
  • ライフ
  • あの棋士も食べている「食べに行ける将棋メシ」東西5選

ライフ

2017.09.30 07:00  週刊ポスト

あの棋士も食べている「食べに行ける将棋メシ」東西5選

「小雀弥」の茶美豚の胡麻味噌とじうどん


●小雀弥 福島店(大阪市福島区)

 1975年創業、自家製麺とこだわりのだしを使ったうどん・そば店。中でも棋士に人気なのは「茶美豚の胡麻味噌とじうどん」(900円)。豆板醤やコチュジャンなど、約8種類の調味料を使った特製味噌ダレを溶かしただしに、茹でた茶美豚をトッピングし、玉子でとじてある。元々は従業員に人気の賄いだったが、2015年11月から通常メニュー化された。

 昨年の外出禁止規定にともない出前に採用された。麺類が好きな藤井聡太四段が28連勝目のときに、胡麻味噌とじうどんを注文した。

【住所】大阪市福島区玉川4-10-2
【営業時間】11時~翌6時
【定休日】無休

◆撮影/河野公俊、岩本朗、WEST

※週刊ポスト2017年10月6日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス