• TOP
  • 国内
  • 東名死亡事故被害者の母「私が生きてる間は外に出さないで」

国内

2017.10.22 07:00  女性セブン

東名死亡事故被害者の母「私が生きてる間は外に出さないで」

東名夫婦死亡事故の被害者家族は自動車恐怖症に

 東名高速道路で運転妨害を繰り返したうえに追突事故を引き起こしたとして、神奈川県警は過失運転致死傷罪で石橋和歩容疑者(25才)を逮捕した。

 事故が起きたのは今年6月5日。石橋容疑者は、萩山嘉久さん(享年45)、妻・友香さん(享年39)、長女・A子さん(15才)、次女・B子さん(11才)が乗るワンボックスカーの前に自身が運転するワゴン車を停め、東名高速道路下り線の追い越し車線に停車させた。そして、後ろからきたトラックに追突され、嘉久さんと友香さんは死亡した。

 事故から4か月、遺された姉妹は母・友香さんの実家で暮らし、徐々に日常を取り戻しつつある。だが時折、両親との思い出を求めて嘉久さんの母・文子さん(77才)の家を訪れることがあるという。

「結婚した当初はうちで同居していたんです。この家には友香ちゃんの形見のピアノが置いてあり、遊びに来たA子が弾くこともあります。2階のクローゼットには友香ちゃんの着ていた洋服が残っていて、事故後にA子とB子がクローゼットを開けて、ママのスーツをじっと見つめていたこともありました」(文子さん)

 2人の孫を見て文子さん自身も前を向こうともがく日々を送るが、事件の爪痕は心に深く刻まれ、消えることはない。

「今は自動車恐怖症になってしまい、車が近づいてくるだけで怖くて震えてしまうんです…。正直に言えば、容疑者を二度と世の中に出してほしくない。出たらきっとまた同じことをする。せめて私が生きているうちは外に出さないでほしい。懲役7年以下だなんてありえません。誰のための法律なのでしょうか。今後、危険運転致死傷罪の適用を求めて、署名運動も考えています」(文子さん)

 涙を抑えながら、彼女は最後にこう話した。

「今回の件は、事故ではなくて殺人事件だと思うんです。事故は無意識でも起こるけど、事件には悪意がある。容疑者は自分の意思で、人の命を奪ったのです。警察や司法のかたがたは、その本質を間違えないでほしい」

※女性セブン2017年11月2日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス