国内

婦警事件簿…署内不倫、夜の副業、制服自撮り 採用急増影響か

坂口正芳・警察庁長官(写真:時事通信フォト)

「父親にかまってほしかった……」──そんな理由で“自作自演の誘拐劇”をやってしまったのは、警視庁の20代の女性職員だった。9月20日、名古屋市の実家に帰省した際に事件を起こした。

「父親にLINEで誘拐犯を装い、身代金5000万円を要求する文面を送った。父親が県警に通報したことで、誘拐事件として捜査を開始し、捜査員が約90人態勢で聞き込みなどを行なったが、半日程度で女性が帰宅して虚偽だったことが発覚した」(全国紙社会部記者)

 女性は偽計業務妨害の疑いで近く書類送検される予定だという。動機について愛知県警関係者はこう話す。

「久しぶりの帰省で、両親と口論になり実家を飛び出して、困らせようと“狂言誘拐”に走った。『こんな大騒ぎになると思わなかった』と反省しているようで、県警は大迷惑でしたが、一般の人が巻き込まれるといった影響は出てないので、穏便に済ませる予定です」

 身代金要求が“警察沙汰”になることくらい、仕事柄わかりそうなものだが、この一件以外にも、女性警察官・職員による職業倫理を疑いたくなるような事件が頻発している。

 今年1月、秋田県警の警察署に勤務する20代の女性巡査が、勤務中に職場のトイレなどから自分の制服姿をスマホで“自撮り”して交際相手に送り所属長訓戒となったことが明らかになった。本物の婦警に“コスプレ気分”でいられてはたまったものではない。

 退勤後にキャバクラ勤務をしていたのは、大阪府警茨木署の20代の女性署員だ。署から2kmの管轄内にあるキャバクラ店で働いていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン