• TOP
  • 国内
  • 絵本作家「大人が読んでもおもしろい」が一番嬉しい言葉

国内

2017.11.04 16:00  女性セブン

絵本作家「大人が読んでもおもしろい」が一番嬉しい言葉

大人も魅了する人気絵本作家・ヨシタケシンスケさん

 絵本に魅了されるのは子供だけではない。大人が夢中になる絵本が売れている。たとえば、ヨシタケシンスケさんの『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)もそんな絵本のひとつだ。

 彼の絵本は、絵本売場で必ず見るといっても過言ではない。週刊誌の連載コラムの挿絵などを手がけてきたイラストレーターが、今やさまざまな絵本大賞に輝き、大人たちを巻き込んだ絵本ブームを牽引している。『りゆうがあります』(PHP研究所)や『こねてのばして』(ブロンズ新社)などの作品もある。

『りんごかもしれない』という絵本の中の少年は、たった1つのりんごでも、「もしかしたら中身は機械? 何かの卵?」と、想像力をふくらませる。哲学的な物事の本質に気づかされる独創的な視点とそのユーモア。ヨシタケワールドの魅力である“創造力”は、どのように生まれているのか?

「会社勤めをしている時、つらいことがあると、手のひらでサッと隠せる小さな絵を描いていました。今もぼくは悲しいニュースが苦手です。そんな時、ありふれた日常で見つけたおもしろいことを手帳に描くと、“つらいこともあるけど、どうでもいいこともあるよね”って気持ちが少しだけ軽くなるんです」(ヨシタケさん)

 いつかは描いてみたいと思っていた絵本。ヨシタケさんのイラストを気に入った絵本編集者と二人三脚でヒット作は生まれた。

「“りんごをいろいろな角度で見る”というテーマで、自由に発想しました。絵本の世界って、とても自由なんです。ぼくはもともと、大人向けのイラストを描いていたので、やっぱり大人にも楽しんでほしかった。気をつけているのは“子供の頃のぼくも楽しんで読んでくれるかな?”ということ。その気持ちを忘れないよう子供の頃大好きだった3冊が道標になっています。子供はもちろん、大人にも喜んでもらえるのがうれしいですね」と、笑顔を見せた。

※女性セブン2017年11月16日号

関連記事

トピックス