芸能

三浦春馬の『オトナ高校』 その「チェリート」ぶりが秀逸

番組公式HPより

 局の看板を背負うゴールデン枠はドラマの王道だが、深夜枠には実験的なアプローチによる秀作も多い。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が今クールの注目作について指摘する。

 * * *
「笑い」をテーマにしている朝ドラより、もしかしたら何十倍か笑える秀逸な深夜ドラマ。それが『オトナ高校』(テレビ朝日系土曜23時5分)です。

 とかく子どもっぽいドタバタ劇に陥りがちな「ラブコメ」ドラマですが、『オトナ高校』は一味も二味も違う。大人向けのブラックな笑いに満ちている。細部まで綿密な作り込みが効いている。下ネタが世に溢れている昨今、そんなものを単に並べても面白くも何ともない。下ネタを道具として使いこなし毒のあるパロディに仕立て、風刺的笑いに昇華させているからこそ、『オトナ高校』は面白い。

 物語の舞台は、ズバリ「オトナ高校」。性体験がない30歳以上の男女が「第二義務教育」として強制入学させられる異色の高校です。政府は深刻な少子化問題に歯止めをかけるべく、「第二義務教育法案」を立案、公的な機関として「オトナ高校」を発足させた、というブラックな設定。強制入学させられるオトナたちはもう一度、そこで青春をやり直して相手を見つけ「体験」できたら卒業。そのため、美男美女が右往左往する。

 三浦春馬が演じる主人公・荒川英人が、強い存在感を放ち光っています。東大卒業後トップバンクに入行した、正真正銘のエリートでありつつ、実は童貞。“チェリート”くんというあだ名はそう、エリート+チェリーで「チェリート」。

 自意識過剰で自己評価が高いチェリートくんだけに、自分のことは棚にあげていちいち他人の行動を批評しツッコむ。それを心中で独白するナレーションが、物語とはまた別次元で挿入され厚みを出しています。上から目線で分析ばかりしている頭でっかち男だから、卒業の目的はなかなか果たせない。

 容姿端麗なのにイヤミ、自己評価の高いタカピーな役を、三浦さんが躊躇無くとことん真剣に全力で演じているのがいい。真面目に演じれば演じるほど、その空回り感が浮き彫りになり笑いを誘う。情けなさが倍増され、おかしみが滲み出てくる。「チェリートくん」のぶれない人物造形、切れた身体感覚、滑稽な表情はまさしく、この「コメディ」の柱となっています。

 そして、生徒たちのキャスティングも実に味わい深い。例えば園部真希役は、スタイル抜群の美女ぶりで鳴らしてきた黒木メイサが演じています。設定はなんと32才の処女で不倫相手から「重すぎる」と敬遠され常に二番手に回された結果、あだ名は「スペア」。黒木さんが30過ぎの未体験スペア女とは、何ともブラックです。

トピックス

亡くなった三浦春馬さんと「みたままつり」の提灯
【三浦春馬さんの名を靖国に】提灯2万円に値上がりなのに100個も集まった「ファンの熱い思い」 『みたままつり』に献灯ズラリ
NEWSポストセブン
松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
中森明菜は1982年10月、新宿音楽祭で審査員特別奨励賞を受賞。『少女A』でブレイクした最中の受賞だった(写真/女性セブン)
【仕掛人たちが語る聖子vs明菜の分岐点】松田聖子は新しいアイドル像を求めた聖子、アーティストへ舵を切った明菜 1984年という“特異な1年”
週刊ポスト
上司の席からなるべく離れたい(イメージ)
夏本番となり職場や電車内などで発生する「ニオイ問題」 揉めるぐらいなら我慢したほうがいいのか、解決策は「ない」という現実
NEWSポストセブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン