国内

人生逆転セミナーを主宰する自称「恋愛伝道師」の意外な素顔

SNSで知り合った美女に「恋愛伝道師」をすすめられて…

 SNS経由でときどき届く、バラ色の人生を送るための耳寄り情報ときくと、誰もがうさんくささを感じるだろう。そのメッセージの発信主であれば、やはり普通ではない、ときには犯罪まがいのことも厭わないような恐ろしい人かもしれないと思いがちだ。ライターの森鷹久氏が、自分のフェイスブックに届いたダイレクトメッセージの送り主にコンタクトをとり、なぜそのようなビジネスに手を染めたのかを聞いた。

* * *
「冴えないオジさんだった私の人生を変えた!!!」
「恋愛伝道師・○○がお届けする、人生逆転セミナー開催!」
「カネもオンナも即ゲット!!」

 上品とは言いがたいが、男の欲望を直撃する文言。実はこれ、最近、筆者のフェイスブックに届いた、ダイレクトメッセージの中のキャッチの一部だ。

 本音を言えば、このような世界に興味津々な筆者。かつてはヒルズ族だなんだと謳い、派手に活動していた人たちのフェイスブックページに「いいね!」を押しまくっていたからか、上記のような怪しげなメッセージが多数届くようになった。

 その内容はほぼ「カネ」そして「オンナ」にまつわるもの。どれもセミナーへの参加や高額なDVDの購入を促すもので、スーツをバシッとキメて高級車に乗り、週末は六本木や麻布で~といったステレオタイプ若者が講釈を垂れる…といった内容だったが、今回は違った。

 その異色メッセージの主、恋愛伝道師と自ら名乗るオジサン・村田さん(仮名)は、現役で恋愛をしている……ようには見えない、枯れた風貌だった。さらに、よそよそしい作り笑顔に、ファッションも、社交性を感じる部分が極端に少ない印象。パーティに明け暮れ、常に大勢の人に囲まれている様子が感じられなかった。

 ところが、村田さんのアカウントを覗くと、確かに3000人近くのフェイスブックフレンドがいて、その顔の広さを伺わせる。しかし日々の書き込みの内容はといえば「今日は天気が良い」だの「お昼においしい街中華を食べた」「母親が入院した」といった極めて個人的な日常の一コマで、顔の広さを裏付ける日常が見えてこない。そして、3000人の知人がいるにも関わらず、投稿には毎回数件の「いいね!」がつくのみで、なぜかたまに「セラピスト」やら「占い師」「コンサルタント」を自称する派手なオバサンたちから「今日も一日頑張りましょう」などといった当たり障りのないコメントがされる。

 何もかもがちぐはぐで、そのアンバランスゆえに村田さんが何者なのか、かえって気になってくる。そんな訳で、彼からのメッセージに返信し、ぜひ会っていただけないか? と頼んでみた。

 その頼みに対して返ってきたのは、総額10万円弱という、村田さん監修の「恋愛必勝テキスト」購入の案内ページのURLのみ。そのページは、情報商材屋がよく使う「ランディングページ」そのまま。ランディングページとは、ユーザーが最初にアクセスするページのことで、商材への興味をひいて、そのまま問い合わせや購入へ結びつけることに特化している。

 ところが村田さんのトップページには、お世辞にも社交的とは感じられない寂しげな彼の顔写真が随所にちりばめてある。結果として、ここまで説得力がないランディングページはみたことがないと、逆に感心してしまうほどだ。

 だが、このアンバランスなページをつくってまで恋愛伝道師を名乗る村田さん、やはり気になる。村田さんの自宅の電話番号を知ることができた筆者は、直接、彼と話してみることにした。

──××(村田さんの名前)さんいらっしゃいますか?
男性「私ですが……。どちら様でしょうか?」
──私、森と申しまして。恋愛伝道師の村田さんにぜひお話を伺いたいと……
男性「そ……、そんなの知りませんから!!!」

 ガチャッ! と切られたが、即座にリダイヤルすると、また同じ男性が受話器を取り、自らが「村田さん」であることを認めた上で、かなり動揺した様子で応対してくれた。

──ぜひ恋愛伝道師である村田先生のセミナーを受けたいんですよ
村田さん「ど……どうしてこの番号が? 公表してないんですが、詐欺の電話ではないですよね?」
──私にフェイスブックでメッセージ送っていただきましたよね?
村田さん「……はい。その……、そうですね。皆さんにお送りしてまして……」
──先生は恋愛の達人だと。ご友人も多く、人柄も庶民的で。ぜひお会いさせて……
村田さん「……すみません」
──えっ?
村田さん「嘘なんです、すみません」

 続けて恋愛伝道師・村田さんの実態に迫るべく質問に質問を重ねた。残念ながら、恋愛に関するアドバイスには全く答えてくれなかったが、その代わりと言っていいのか、実が村田さんが情報商材詐欺の被害者の一人であることが判明した。

 村田さんは、茨城県内に住む未婚の会社員。55歳だが結婚したことがなく、恋愛経験は5人程度……と説明するも、話を続けると、その恋愛はすべてサービス料を払ってのおつきあいだけ、いわゆる「素人童貞」であることまで告白してくれた。以下、村田さんによる弁明。

「フェイスブックで、近くに住む若い女性から友達申請が来たのがきっかけです。初めは何かの間違いかと思ったが、隣町に住んでいて”優しそうだから連絡した”と言われて有頂天に……。その女性の知人とも繋がって、都内で開かれるセミナーに誘われました。SNSを使えば人生を逆転できる、と言われて70万を支払うと”村田さんは優しいし、女性の気持ちがわかるから”といわれ、恋愛伝道師と名乗るようにアドバイスされました……」

 こうして、セミナー主催者たちの術中にハマった村田さん。サービス料を払わない恋愛については経験がなかった村田さんなりに考えた「恋愛論」をフェイスブックとブログに掲載したところ、突如数十件のいいね! がつき、コメントが殺到した。もちろん、このいいね! もコメントも、セミナーを主催した情報商材屋が仕込んだものである。

 ところが、この反応に「注目された」と思い込んでしまった村田さんは、その後も急激に増え続けるフレンド数に自信を持ち、一日何回も更新を続けた。ところが……

「友達が五百人を超えたあたりで、いいねもコメントもパタッと無くなり、一日数十円はあったアフィリエイト収入もほぼゼロになった。セミナー担当者に相談したところ、さらにレベルが上のセミナーを受ける必要がある、といわれてしまって……」

 そして追加のセミナー料金を、50万、30万……と払い続けた結果、村田さんのフェイスブックフレンドは3000人を超えたが、なぜか「いいね!」やコメントが殺到することはなかった。そして驚くことに、村田さんは未だに自身を「被害者」だと認識していない。

「私が恋愛専門家だなんて……嘘ついたのがバレちゃったんでしょうか。やはり正直に生きていかないと……」

 村田さん自身は、アフィリエイトの収入が減っているのは自分が恋愛に詳しい専門家だと嘘をついているのが原因であって、そのセミナーがすすめるビジネスが間違っているとは思っていなかったのだ。

 彼の勘違いを笑ってばかりはいられない。ある日突然、ご近所さん、学校の後輩といった関係性を匂わす美女から届く友達申請。怪しいとは思いながらも、わずかな下心からうっかり許可をしてしまったがために、個人情報を抜かれたり、村田さんのようにあれよあれよと騙され、財産を奪われるケースが存在する。まさにSNSを使った、現代の「デート商法」や「マルチ商法」が蔓延しているのだが、被害者自身が「被害と思っていない」か、もしくは恥ずかしくて言い出せない、といった現実がある。

「自分は大丈夫」などと考えるべきではなく、女性もまた騙される可能性があることを知っておかないと、複雑化の進むネットコミュニティ上では簡単に「カモ」にされてしまうのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「夢みる光源氏」展を鑑賞される愛子さま
【9割賛成の調査結果も】女性天皇についての議論は膠着状態 結婚に関して身動きが取れない愛子さまが卒論に選んだ「生涯未婚の内親王」
女性セブン
勝負強さは健在のDeNA筒香嘉智(時事通信フォト)
DeNA筒香嘉智、日本復帰で即大活躍のウラにチームメイトの“粋な計らい” 主砲・牧秀悟が音頭を取った「チャラい歓迎」
週刊ポスト
『虎に翼』の公式Xより
ドラマ通が選ぶ「最高の弁護士ドラマ」ランキング 圧倒的1位は『リーガル・ハイ』、キャラクターの濃さも話の密度も圧倒的
女性セブン
羽生結弦のライバルであるチェンが衝撃論文
《羽生結弦の永遠のライバル》ネイサン・チェンが衝撃の卒業論文 題材は羽生と同じくフィギュアスケートでも視点は正反対
女性セブン
“くわまん”こと桑野信義さん
《大腸がん闘病の桑野信義》「なんでケツの穴を他人に診せなきゃいけないんだ!」戻れぬ3年前の後悔「もっと生きたい」
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
中森明菜
中森明菜、6年半の沈黙を破るファンイベントは「1公演7万8430円」 会場として有力視されるジャズクラブは近藤真彦と因縁
女性セブン
食品偽装が告発された周富輝氏
『料理の鉄人』で名を馳せた中華料理店で10年以上にわたる食品偽装が発覚「蟹の玉子」には鶏卵を使い「うづらの挽肉」は豚肉を代用……元従業員が告発した調理場の実態
NEWSポストセブン
撮影前には清掃員に“弟子入り”。終了後には太鼓判を押されたという(時事通信フォト)
《役所広司主演『PERFECT DAYS』でも注目》渋谷区が開催する「公衆トイレツアー」が人気、“おもてなし文化の象徴”と見立て企画が始まる
女性セブン
17歳差婚を発表した高橋(左、共同通信)と飯豊(右、本人instagramより)
《17歳差婚の決め手》高橋一生「浪費癖ある母親」「複雑な家庭環境」乗り越え惹かれた飯豊まりえの「自分軸の生き方」
NEWSポストセブン
店を出て染谷と話し込む山崎
【映画『陰陽師0』打ち上げ】山崎賢人、染谷将太、奈緒らが西麻布の韓国料理店に集結 染谷の妻・菊地凛子も同席
女性セブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン