• TOP
  • 国際情報
  • 慰安婦像承認の米SF市、中国系市長はソウル名誉市民

国際情報

2017.11.20 16:00  週刊ポスト

慰安婦像承認の米SF市、中国系市長はソウル名誉市民

サンフランススコ市の慰安婦像(写真:Avalon/時事通信フォト)

 兄弟姉妹仲良くとはいうものの、現実には助け合うどころか裏切られ、たかられるばかり。そりゃ縁を切りたくもなる。

 きっかけは米サンフランシスコ市で11月14日(日本時間15日)、市内に設置されている慰安婦像と碑の寄贈を受け入れる決議が市議会で可決されたことだった。この像はもともと、在米韓国系団体と連携している在米中国系団体が私有地に建てたもので、この決議によって正式に市の公有物とされた。

 この碑には、「性奴隷」「(被害者が)何十万人」「捕らわれの身のまま死亡」などの表現がある。中韓が世界に喧伝する「慰安婦=性奴隷」を市が認めたのだ。

 これに怒ったのが、大阪市の吉村洋文市長(大阪維新の会)だった。「サンフランシスコ市が寄贈を受け入れることになれば、姉妹都市の関係を解消する」と断言したのだ。賛同した岡崎太・大阪市議(大阪維新の会)は憤る。

「姉妹都市にそんな像を建てられて、今後もニコニコと交流を続けるのはおかしい。日韓間で合意して終わったことなのだから、友好都市なら、むしろそのことを広めてほしい。吉村市長はサンフランシスコ市長に面談を申し込んでいるが、その返答すらない」

 サンフランシスコ市長は中国系アメリカ人のエドウィン・M・リー氏。実は同市は韓国・ソウル市とも姉妹都市提携をしており、2016年12月にはソウル市からリー市長は名誉市民に選ばれた。慰安婦像寄贈に影響がなかったとは思えない。

 大阪市は60年にわたりサンフランシスコ市と関係を温めてきた。ところが、いわば「実はほかにも姉妹がいる」と告げられ、しかも付き合いの浅い妹(ソウル市とは約40年)が叫ぶ「嘘まみれの過去」を信じ、60年間の信頼関係を自ら壊そうとしているのだ。

※週刊ポスト2017年12月1日号

関連記事

トピックス