• TOP
  • ビジネス
  • 民泊ビジネス 「定年前起業」の最有力候補のひとつと大前氏

ビジネス

2017.12.07 07:00  SAPIO

民泊ビジネス 「定年前起業」の最有力候補のひとつと大前氏

 したがって、民泊ビジネスは「定年前起業」の最有力候補の一つとなる。たとえば、スキー場が周辺に13か所もある越後湯沢のリゾートマンションや伊豆高原の温泉付き別荘などは格安の売り物件だらけである。そうしたエリアの魅力を外国人観光客が“発見”したら、やはり宿泊施設は足りなくなるので、今のうちに買っておく手もあるだろう。

 もし、勤めている会社が副業を禁止していたら、表向きは配偶者や子供に先行してやってもらい、定年退職してから自分で本格的に取り組めばよい。

※SAPIO2017年11・12月号

関連記事

トピックス