芸能

松居一代の離婚騒動 財産分与させない狙いがあったか

離婚会見中、母親に電話する場面も

 船越英一郎(57才)との離婚が成立したことを明らかにした松居一代(60才)。12月15日の記者会見では「勝利宣言」が飛び出すなど、松居の気分は晴れ晴れしている様子。「最高裁まで戦う」と豪語していたが、2度目の離婚調停で双方合意というスピード決着となった。

 通常、離婚調停で問題になることが多いのは、「財産分与」のあり方だ。財産分与とは、離婚した当事者の一方が他方に対して財産を分け与えること。一般に夫婦が婚姻中に協力して蓄積した財産は、2等分されるケースが多い。たとえサラリーマンの夫の稼ぎが大半の財産でも、専業主婦の妻が家事や子育てをして家計に貢献したとみなされる。船越・松居夫婦の離婚調停でも財産分与が焦点となった。

「船越さんの収入はほぼ松居さんが受け取って管理していました。松居さんがビジネスや投資で稼いだ分もあり、都内一等地にある自宅まで含めると夫婦の共有財産は20億円ともいわれます。普通に離婚し、財産分与となったら、船越さんと松居さんでそれを折半することになります。松居さんの投資や株などの収入をのぞいた自宅などの固定資産だけでも7~8億円はあるので、船越さんは通常なら3~4億円は受け取ることになったはずです」(芸能関係者)

 しかし船越サイドはある条件を明確にしていた。それは「早期に離婚してくれるなら、財産分与の権利は放棄する」というものだった。

「船越さんはもともと金銭を要求するつもりはまったくなかった。“調停が不調で裁判までいったら当然の権利である財産分与を請求しますよ”という姿勢を見せたのも、何よりもお金が大事な松居さんの性格を知り尽くしているからでしょう」(前出・芸能関係者)

 いちばん大切なのは財産、と会見で言っていた通り松居は「方向転換」を決める。

「離婚裁判までもつれ込めば、松居さんは数億円の財産を船越さんに渡すことになります。大切な財産を失うことは絶対に避けたかったんでしょう。2回目の離婚調停に向けて松居サイドから『離婚に応じるので、裁判を避けたい』と打診したようです」(松居家の知人)

 そして12月13日、2回目の離婚調停を迎えた。

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン