• TOP
  • ビジネス
  • 売れないと言われたホットアイマスク 35万台ヒットの背景

ビジネス

2018.01.16 16:00  女性セブン

売れないと言われたホットアイマスク 35万台ヒットの背景

アテックス『ルルド めめホットチャージ AX-KX511』(5292円)

 疲れ目の増加で、人気が高まるアイケアグッズ。そんな中、充電式で繰り返し使える、アテックスのホットアイマスクが女性を中心に飛ぶように売れている。累計出荷台数35万(※2017年12月現在)台以上。ヒットの背景には、ブランド始動時から変わらない、女性ならではのこだわりがあった。

 アテックスの「ルルド」は、20~40代女性をターゲットとしたマッサージアイテムのブランド。その始まりは、2009年に女性開発チームにより誕生した、見た目はクッション、機能は本格派という、これまでにない“インテリアになじむマッサージャー”だった。

 当時の開発担当や営業担当は、ほぼ男性。マッサージ器だとわかりにくく、温めて揉むだけの製品では「売れない」と言われ続けた。しかし、自分たちが欲しいものは同年代の女性にも需要があるはず、と開発チームは社内の女性にアンケートをとり、試作を繰り返し、1年後ついに製品化にこぎつけた。

 最少ロットの2700台からスタートしたルルド マッサージクッションは口コミで一気に広まり、翌年12月には出荷台数が月30万台を超え、「ルルド」は一躍、主力ブランドとなり、カジュアルに使えるマッサージアイテムが多数誕生することになる。

 その1つが、2013年発売の『めめホット』だ。一見は普通のアイマスクだが、目の当たる部分にヒーターが配されており、電源を入れると、目元を約41℃でじんわりと温めてくれる。エアバッグで刺激する『めめエア』と、スチームで潤す『めめスチーム』を含む3種類を展開した中で、『めめホット』は一番人気だった。ホットアイマスクは使い捨てか、レンジで加熱するものが一般的だったため、手軽かつ繰り返し使える点が、スマホの普及拡大で疲れ目に悩む女性たちにウケたのだ。

 女性ならではのこだわりもヒットの要因だろう。例えば、携帯ポーチを付属することで、旅行やオフィスへも持ち運びやすくした。本体カバーは洗えるため、アイメイクで汚れても安心だ。パッケージにねこのキャラクターを入れ、ギフト需要もうまく取り込んだ。2015年には、電源を単3形アルカリ乾電池からリチウムイオン充電池へ変更し、ヒーターがすぐ立ち上がるように改良した『めめホットチャージ』へリニューアル。

 また、昨年10月には、目に当たる部分にヒアルロン酸を配合した美容繊維を使用した『ルルド めめホット チャージビューティ』と、テレビやスマホを見“ながら”ケアができる『ルルド めめホットキャット』を発売するなど、流行を取り入れた展開で、女性の心を掴み続けている。

 昨年1月からは、インバウンドの観光客を中心に売り上げが伸びているという。購入者がSNSへ写真を上げることでさらに認知度が高まり、今ではインテリアショップや家電量販店のほか、ドラッグストアでも購入することができる。5000円前後と価格も手頃で、身近なアイテムだ。日ごろ頑張っている自分へのご褒美として手に取ってみてはいかが?

※女性セブン2018年1月18・25日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス