芸能

ドラマ、CMに引っ張りだこ松重豊 演技の決め手は「口角技」

数々の話題作に出演している松重豊

 今、もっとも注目を集める“演技派中年俳優”の筆頭といえば、松重豊(56)だ。数々のドラマや映画、そしてCMなどにも起用される彼の演技にはある秘密があった――。コラムニストのペリー荻野さんが独自の視点で解説する。

 * * *
 松重豊といえば『孤独のグルメ』、『孤独のグルメ』といえば松重豊というくらい、このシリーズは、「名物番組」となった。昨年の大みそかスペシャルでは、ラストがまさかの生放送。このドラマの主旨として、果たして生放送にする理由があったのか?はさておき、この回「食べ納め!瀬戸内出張編」も井之頭五郎(松重)が「そこまでしたいか香川人。俺のさぬきが完成だ」とスーツ姿でうどんの湯切りをし、生放送部分では蕎麦屋で瀬川瑛子(もちろん本人)に遭遇するなど、大いに盛り上がった。

 このシリーズにより、松重の俳優人生は劇的に変化した。なによりCMで「やたら飲み食いするおじさん」として登場する機会が増えた。

 はごろもフーズの鰹節『はごろも舞』のCMでは、青菜のおひたしや冷や奴などどんな料理に商品をかけたらいいかと悩みつつ、「今日は冷や奴にマイマイしちゃお」とパクリ。私が好きな米久の『御殿場高原あらびきポーク』シリーズでは、一般家庭に突如やってきた殿様(ちょんまげに豪華な着物姿)の松重が、ソーセージをぱくりとやってきて「肉がうまい!!」と口角をきゅーっとあげてにこにこする。

 このシリーズのウェブ版では、殿はソーセージがにょっきりとするおむすびやほかほかのホットドッグなども賞味して大満足。気がつけば、いつも箸を片手にして目を輝かせている松重豊。まさに美味いものを食べて感動する「口角技」が、CMで炸裂しているのである。

 すごいのは、「食べる」CMをしつつ、一方では小林製薬の『ナイシトールZ』のCMで「昔よりおなかの脂肪が落ちなくなったね~!!」と言いつつ、脂肪を落とす商品をしっかりアピールしていること。食べる→脂肪対策まで、ひとりでフォローしているのだ。

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン