• TOP
  • 芸能
  • ドラマ、CMに引っ張りだこ松重豊 演技の決め手は「口角技」

芸能

2018.02.07 07:00  NEWSポストセブン

ドラマ、CMに引っ張りだこ松重豊 演技の決め手は「口角技」

数々の話題作に出演している松重豊

 今、もっとも注目を集める“演技派中年俳優”の筆頭といえば、松重豊(56)だ。数々のドラマや映画、そしてCMなどにも起用される彼の演技にはある秘密があった――。コラムニストのペリー荻野さんが独自の視点で解説する。

 * * *
 松重豊といえば『孤独のグルメ』、『孤独のグルメ』といえば松重豊というくらい、このシリーズは、「名物番組」となった。昨年の大みそかスペシャルでは、ラストがまさかの生放送。このドラマの主旨として、果たして生放送にする理由があったのか?はさておき、この回「食べ納め!瀬戸内出張編」も井之頭五郎(松重)が「そこまでしたいか香川人。俺のさぬきが完成だ」とスーツ姿でうどんの湯切りをし、生放送部分では蕎麦屋で瀬川瑛子(もちろん本人)に遭遇するなど、大いに盛り上がった。

 このシリーズにより、松重の俳優人生は劇的に変化した。なによりCMで「やたら飲み食いするおじさん」として登場する機会が増えた。

 はごろもフーズの鰹節『はごろも舞』のCMでは、青菜のおひたしや冷や奴などどんな料理に商品をかけたらいいかと悩みつつ、「今日は冷や奴にマイマイしちゃお」とパクリ。私が好きな米久の『御殿場高原あらびきポーク』シリーズでは、一般家庭に突如やってきた殿様(ちょんまげに豪華な着物姿)の松重が、ソーセージをぱくりとやってきて「肉がうまい!!」と口角をきゅーっとあげてにこにこする。

 このシリーズのウェブ版では、殿はソーセージがにょっきりとするおむすびやほかほかのホットドッグなども賞味して大満足。気がつけば、いつも箸を片手にして目を輝かせている松重豊。まさに美味いものを食べて感動する「口角技」が、CMで炸裂しているのである。

 すごいのは、「食べる」CMをしつつ、一方では小林製薬の『ナイシトールZ』のCMで「昔よりおなかの脂肪が落ちなくなったね~!!」と言いつつ、脂肪を落とす商品をしっかりアピールしていること。食べる→脂肪対策まで、ひとりでフォローしているのだ。

関連記事

トピックス