国内

観光客過去最高の名古屋 “自虐大作戦”の取り組みが奏功

名古屋が愛され都市に変貌できた秘密は?

 城郭の前では服部半蔵らに扮するイケメン忍者隊がお出迎え。「ゆるりと楽しんでくるのだぞ」とポーズを決めると女性客からは「キャー!」と黄色い声があがる。カメラのシャッターを切る外国人旅行客は「ファンタスティック!」と歓声を上げた──。2月中旬の昼下がり、平日にもかかわらず、名古屋城は5月からの木造復元工事を前にして観光客で溢れかえっていた。この盛況ぶりに名古屋城観光ガイドボランティアの栗田正昭さん(73才)が笑う。

「名古屋城は2016年度には191万人を超える来場者が。皆さんに来ていただけるのは本当にありがたい」

 名古屋城だけでなく、今名古屋が沸きに沸いている。1月22日、名古屋市は2016年度に訪れた観光客数(推計)が過去最高の4727万人となったと発表した。

 名古屋市といえば、かつて都市ブランド・イメージ調査で「行きたくない街NO.1」という不名誉な称号を獲得。また週刊誌などで「名古屋ぎらい」大特集が組まれ、今や全国的にネガティブなイメージが広まっている。

 そもそも、名古屋はなぜここまで嫌われたのか。「名古屋ぎらい」は、1980年代にタモリが「東京と大阪に挟まれて独特のコンプレックスがある」「名古屋人はエビフライをエビフリャーと呼んで好んで食べる」などと揶揄したことが始まりだ。

 名古屋ぎらいの記事では、「名古屋人は見栄っ張りで結婚式を派手にしたがる」、「天むすやトンテキなど、名古屋飯とされているものが実は三重県発祥だった」という“パクリ”疑惑などが報じられた。その他にも「多くの車がウインカーを出さずに車線変更し、クラクションを鳴らしまくる」という“名古屋走り”や「エスカレーターでは他の都市のように、急いでいる人のために片側を空けることはせず、両側とも歩かず立ち止る」、「新装開店の時に贈られる祝い花を抜き取って持って帰ってしまう」など、他県からすれば驚きの習慣が伝えられた。

◆名古屋走りが消えた!

 その名古屋がいつのまにか“愛される都市”へと変貌を遂げていたというニュースを聞いて、その真相を確かめるべく、本誌・女性セブン記者は名古屋へと向かった。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン