• TOP
  • 国内
  • 不法滞在者の通報で最高5万円の「報奨金」が支払われる

国内

2018.03.07 16:00  週刊ポスト

不法滞在者の通報で最高5万円の「報奨金」が支払われる

設楽は日本新で1億円ゲット(時事通信フォト)

 平昌五輪メダリストには数百万円から「米100俵」までが“ごほうび”として贈呈され、東京マラソンでは日本新記録更新に対して、なんと「1億円」が支払われた。そこまでの大金でなくてもいい。彼らのような特別な才能がなくても狙える報奨金はないものか……。

 アスリートほど世の中にインパクトは与えられずとも、我々市民も人様のお役に立つことでもらえる報奨金は、思いのほか多い。

 有名なのは、未解決事件に対して有力な情報提供をし、それが容疑者摘発に結びついた場合に払われる「捜査特別報奨金」だ。2007年に始まった制度で、特別手配された容疑者の事件や、社会的反響が大きい重要事件を対象に警察庁などが指定する。

 現在では2000年の世田谷一家強盗殺人事件に2000万円、1996年の柴又三丁目女子大生殺人放火事件に300万円など、16件で報奨金が懸けられている。これまでの10年で支払われた報奨金は6事件で合計3400万円にのぼる。

 とはいえ、捜査機関でも掴めない情報を一般人が得るのは難しい。そこで“難度”を下げたものだと「不法滞在者」を法務省入国管理局に通報して報奨金がもらえるケースがある。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス