国内

低学年での学級崩壊 親の過干渉で「かまってほしい子」増加

小学校低学年の学級崩壊のメカニズムとは

 中学・高校でグレた不良たちが授業を妨害する──。そんな光景は、実は減りつつあり、逆に増えているのが、小学校、しかも低学年での学級崩壊だ。

 文科省の発表(昨年10月)によると、中学・高校では、「暴力行為」の発生件数がここ数年減少しているのに対し、小学校では急増。とくに低学年での増加が著しく、小学2年生では2006年度の238件から、2016年度で2584件と、実に10倍以上になっている。

 小学2年生のいじめ認知件数は4万5868件と、小学1年生~高校3年生までのなかで最多。次いで小3、小1といずれも小学校の低学年に多いことがわかる。白梅学園大学教授で、学級崩壊に詳しい増田修治さんが解説する。

「小学校高学年や中学、高校の学級崩壊は、自立心の芽生えや、規則やルールへの反骨心、思春期特有の感情の起伏などから先生の言うことを聞かなくなって起きます。

 一方、小学校低学年の学級崩壊はそれとはまったく違うメカニズムで起こります。原因は、児童たちの『先生にかまってほしい』という気持ちです。たとえば授業中、児童の1人がおしゃべりしたりふざけたりすると、先生はすぐにその子を注意します。すると、行儀よくしていた他の子が、“私も先生の言うことを聞かなければ、かまってもらえるんだ”と思ってしまう。先生への“反抗”ではなく、先生の気を引きたいという“甘え”が、結果的に学級崩壊に繋がっていきます」

 学校や親だけではない。子供自身にも原因があることも、問題を複雑にしている。ADHD(注意欠如多動性障害)など、支援が必要な発達障害の子供が増えたことも理由の1つだと指摘する声もある。教員向けの多数の著書を持つ千葉県の公立小教師・城ヶ崎滋雄さんはこう言う。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン