芸能

門脇麦 『トドメの接吻』で「不気味カワイイ」魅力全開

 もちろん、門脇さんの演技が光り輝いていたのは、相手役・旺太郎を演じた山崎さんの演技との相互関係の結果でもあります。

「山崎賢人」のイメージといえばイケメン、ラブコメ。今回もチャラいホスト役にとどまるかと思いきや、いやいや。半端ないヤサグレ感と共に、生きる悲しさ、哀愁を潜ませた陰影ある人物を見事に演じ切って、新たな地平を拓きました。

 宰子も旺太郎も満たされていない、何かが足りない人物。お互いがお互いの欠如を埋め合った。けれども最終話、宰子と旺太郎は結ばれることなく、また別々の道へ。まさしく「切なさ」の余韻を残したのです。

「欠如の美」「不足の美」というのは、考えてみれば日本人が好きな王道テーマ。文学の歴史の中でも繰り返し表現されてきました。

 たとえば満月より欠けた月に美しさを見る、という日本的感性は「月も雲間のなきは嫌にて候」 (こうこうと輝く満月よりも、雲間に見え隠れする月が美しい)という言葉で、わび茶を始めた村田珠光が表現しています。

 あるいは、教科書に載っている『徒然草』のフレーズには「咲きぬべきほどの梢(こずゑ )、散りしをれたる庭などこそ見どころ多けれ」とあります。今にも咲きそうで咲いていない枝、花が散りしおれた花びらが落ちた庭こそが美しい、と吉田兼好。そう、花そのものではなく、花が欠けている風景の方を味わっているわけです。

『トドメの接吻』は、一見今風の謎解きミステリーに見えて、根底には脈脈と続く日本的感性の王道テーマ、「欠如の中の美」が流れていたのかもしれません。

 人物像にも、ストーリーにも、達成ではなく欠けたものゆえの魅力がありました。それが「切なさ」につながっていたのだ、と気付かされました。新鮮な視聴体験でした。

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
ユニクロの対応から考える「ロシアに進出する外資企業」の身の振り方
マネーポストWEB