国内

最新国内記事のRSS

小6いじめ自殺 加害児童の進学先に地元保護者が情報交換

2018.04.13 07:00

 4月9日、ある中学校の入学式では、真新しい制服に袖を通した新入生の喜びの声が上がっていた。桜はもう

 4月9日、ある中学校の入学式では、真新しい制服に袖を通した新入生の喜びの声が上がっていた。桜はもう散っているが、新緑の木々を前に、親子で記念撮影をする姿がまぶしい。少し離れた別の中学校でも同じように笑顔あふれる光景が見られていた。しかし──。

「保護者のかたたちは“彼女”たちがこの中学にいるのか、いないのかを気にしていました。私も名簿や読み上げられる名前を真剣に聞いてしまいました。もし娘と同じクラスになったらどうしようかと…。姿は見えませんでしたが、入学式だけかもしれませんし」(出席した保護者の1人)

 その中学校に入学するはずだったAさんは4か月半前に自ら命を絶った。そしてAさんの同級生BさんとCさんの姿もそこにはなかった。

 埼玉県鶴ヶ島市で昨年11月、小学6年生の女児Aさん(当時11才)が、自宅2階から飛び降りて自殺した。Aさんは一人っ子。両親と3人暮らしで、4年生の2月にこの小学校に転校してきた。同じ県内に住むAさんの祖母が振り返る。

「明るくて活発で運動神経がよく、自転車を買ってあげたらその日のうちに乗れるようになる子で、リレーの選手や習字のクラス代表としても頑張っていました。家族の仲もよく、去年の夏は私と娘と孫の3人で新潟の花火大会に出かけて、“来年も来ようね”と話していたんですよ…」

 一輪車が得意でおばあちゃん子だったというAさんだが、5年生の秋から「悪口を言う」「ばい菌扱いする」「避ける」などクラスメートからのいじめが始まったという。6年生のクラス替えで、いじめは鎮静化したかに見えたが、「悪口」や「避ける」という行為は続いていた。Aさんもひとりで過ごすことが多かったという。

 6年生の2学期になると、AさんはクラスメートのBさん、Cさんと一緒に過ごすことが多くなる。

◆金銭の強要もあった

「AちゃんはBさんとCさんからいじめられていたようです。自殺直前にも2人とのLINEのやりとりがあったようで…。自殺後すぐにBさんとCさんの名前をはじめ、3人の関係を疑問視する声が上がり始めました」(小学校関係者)

 学校は自殺直後に「Aへのいじめはなかった」としていたが、児童への数回にわたるアンケートにより徐々に事実が明るみに。3月27日、「鶴ヶ島市いじめ問題調査審議会」は「女児に対するいじめがあり、死亡との関連性が認められる」という衝撃の報告書を公表した。

 報告書によるとAさん、Bさん、Cさんの3人は休み時間に話したり、放課後も一緒にいるなど教員からは“友達ができた”と思われていたが、実際は、Aさんに対して悪口を言ったり、鬼ごっこでAさんばかり鬼にするという関係だった。

 金銭の強要もあった。誕生日名目で筆箱と定規を買わせ、プリクラの代金や飲食物、雑誌、CD代をAさんに支払わせていた。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP