• TOP
  • ライフ
  • SNSで無邪気にはしゃぐKY妻 夫の仕事に悪影響を及ぼす例も

ライフ

2018.04.15 16:00  NEWSポストセブン

SNSで無邪気にはしゃぐKY妻 夫の仕事に悪影響を及ぼす例も

SNSで突然、KYを発揮する人がいる

 2000年代中盤、女子高生のあいだで流行した「KY」とは、その場の空気(Kuuki)を読め(Yome)ずに雰囲気にふさわしくない言動をとる人のことを指した俗語だが、2007年に新語・流行語大賞の候補に選ばれたことで老若男女が知る言葉となった。それから約10年、SNSで無邪気にはしゃぐKY妻が増えたことで、夫の仕事や人間関係にどのような影響が出ているのかについてライターの宮添優氏がレポートする。

 * * *
 森友問題で国会が紛糾する中、野党やマスコミの目は、野党議員が「そもそも問題の発端は夫人にある」と言うように、首相夫人である安倍昭恵氏の一挙手一投足に向けられている。

 問題発覚以前から、昭恵氏は首相夫人として全国各地を飛び回り精力的に市民との交流を図っていたが、それがこのような形で「裏目」に出た感も否めず、安倍首相も”参っている”とも伝えられている。国会で安倍政権が野党だけでなく与党内からも追及される最中にも、昭恵夫人はSNSの更新を積極的に行っている。自身の投稿に書き込まれた「野党のバカげた質問……」といったコメントに「いいね」してしまうなど、脇の甘さもさることながら「KYっぷりが際立つ」と話すのは、大手紙政治部記者だ。

 ところ変わって、こちらは東京都内にある某中小企業の事務所。若い社員数人が一台のパソコンを取り囲み、怒声を上げていた。

「おい、また更新しやがった! なーにがネイルでエステだ……」
「こっちは給料減るわ、残業強いられるわ散々なのに……」
「クソ社長、なめんな!」

 深夜22時、残業時間中に彼らが見ていたのは、上司である「社長」の妻のブログだった。社員のうちの一人、正木優斗さん(仮名・28歳)が怒りに満ちた表情で吐き捨てる。

「景気回復なんて大ウソ! 賃金は上がるどころか、手当て額が縮小されたりサービス残業が増えて、実質的に給与は減っている。なのに”今によくなる”と社員をなだめてごまかす社長。そんな社長の夫人は、ブログで何を食べた、どこに行ったと毎日書き込むなどノンキなもんです。我々が休日出勤しているときにも、出張と称してこっそり家族旅行に行ってたことも件のブログで発覚しました。社長や会社への不信感は募る一方です」(正木さん)

 社会人6年目の正木さんの手取りは月に22万円ほど。身重の妻もおり、生活が「かなりきつい」中、社長夫人の「キラキラ系ブログ」を見る度に腹が立ち、業務へのやる気が削がれていくと話す。実は早い段階で「部下が妻のブログをチェックしている」ことを気づいていたという社長だが、まさか社員のフラストレーションをためる要因になるとは想像していなかったらしい。

 社長夫人はさらに「夫の会社の業績が悪い」「若い社員がだらしない」とまでブログで書いてしまったものだから、社員の不満は爆発したのだった。

「空気が読めないのはまだしも、僕たちを煽ってくるような内容で、さすがにキレましたね。業務内容について詳しく書いてくることもあり、会社の評判にも関わる」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス