• TOP
  • 国内
  • 昨年の43倍ってどういうこと!? ヒノキ花粉はなぜ増えた?

国内

2018.04.19 07:00  週刊ポスト

昨年の43倍ってどういうこと!? ヒノキ花粉はなぜ増えた?

スギ花粉の後も鼻水が止まらないかも(AFLO)

 今年の花粉シーズンはまだ終わらない。スギ花粉はピークを過ぎたが、続いてやってきたヒノキ花粉の飛散量が観測史上最高のペースとなっている。

 日本気象協会は4月6日に急遽、〈今年はヒノキ花粉がとにかく多い!〉と速報を出し、東京都心で3月末までに観測されたヒノキ花粉の量が昨年同時期に比べ「43.6倍」と発表した。

 それにしても“数倍”ならともかく、「43倍」とはどういうことか。ヒノキ林が拡大したとは思えないが……。森林総合研究所植生管理研究室の倉本恵生室長は「そうじゃないですよ」と苦笑してから、こう解説してくれた。

「夏に日照量が多く、気温が高いと花粉を飛ばす雄花の数が増え、翌年の飛散量も増えるのです。調査したところ、昨年は花をつけていなかったヒノキの木に今年は花が咲いているというケースが多かった。昨夏の初めに猛暑日が続いたことが、大量飛散に繋がったと考えられます」

 乱暴に言えば“雄花が43倍咲いた”ということらしい。そうは言っても3月までにこれだけ飛散してしまえば、飛散のピークは早々に終わってしまうのではないかと思えるが……それもまた素人考えのようだ。

「山に多く生えているヒノキは標高の低いところから開花していく。これからは標高の高いところに生えている木から大量に飛散する可能性があります」(同前)

関連記事

トピックス