• TOP
  • 芸能
  • 月9『コンフィデンスマンJP』 絶妙なのは東出昌大の扮装

芸能

2018.04.20 16:00  NEWSポストセブン

月9『コンフィデンスマンJP』 絶妙なのは東出昌大の扮装

扮装姿が話題のコンフィデンスマンJP(公式HPより)

 長澤まさみ(30)主演で、話題を集めている月9『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)。視聴率こそ一桁台に低迷しているが、専門家の間での評価は高い作品のひとつだ。コラムニストのペリー荻野さんがその意外な見どころについて解説する。

 *    * *
 そんなわけで久々に「フジテレビがドラマで攻めてきた!!」と楽しいのが、月9『コンフィデンスマンJP』である。
 
 脚本が『リーガルハイ』の古沢良太でネタが「詐欺」ともなれば、しゃべくりとパロディとどんでん返し満載になるに違いないと思っていたが、それはドンピシャ。さらには「詐欺」には欠かせないコスプレも気持ちいいほどやりたい放題である。
 
 主役の三人、ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)はコンフィデンスマン=信用詐欺師。架空の空港まで作り、大勢の子猫ちゃん(エキストラ)まで仕込んでしまう、とてつもない規模の仕掛けを用意して、大物たちから億単位の金をだまし取るのが彼らのやり方だ。

 第1話では冒頭から、ダー子が着物姿で裏賭博場オーナーとなって現れ、片肌脱いで丁半賭博の壺を振る。かと思えば、国税局の査察を装うため、「どう見ても『マルサの女』の宮本信子だろ」というおかっぱ頭で出てきたり、すらりとしたCA姿で颯爽と歩きながら、裏の顔を持つゴッドファーザー(江口洋介)の違法な現金輸送に加担してみせる。

 第2話では銀縁眼鏡のがり勉女史の格好で入社試験を受け、「着物で三つ指つけば、おもてなしだと思ってる」などと言い放ち、まんまと悪徳リゾート会社社長(吉瀬美智子)に接近した。

関連記事

トピックス