• TOP
  • ライフ
  • 港区女子が「新橋で飲むことは今後もうない」と確信した夜

ライフ

2018.04.22 16:00  NEWSポストセブン

港区女子が「新橋で飲むことは今後もうない」と確信した夜

港区女子は自称港区男子の言葉に凍った(写真はイメージ)

 実業家や弁護士、外資系金融といったハイスペック男性たちを狙う「港区女子」。現役港区女子の吉川リサコ氏は数多くのハイスペ飲み会に参加しているが、港区飲み会にも大きな格差を感じることがあるという。「港区新橋」でのエピソードをリポートする。

 * * *
 ある時、友達に誘われて新橋での飲み会に参加した。新橋は一応港区だが、普段の私は六本木、西麻布、赤坂、乃木坂あたりがテリトリー。新橋は若干カオスを感じていた。

 目の前にいる3人の男たちはみんな既婚者で、イケていないが、会社がもうすぐ上場しそうだとか。とにかく勢いがあることを伝えようとしていた。彼らは言った。

「俺らみたいにお金に余裕あるとさ、女の子寄ってきちゃって大変で大変で」

「こいつ合コンとかの帰り、女の子にタクシー代渡す時あるもんね」

「いわゆるハイスペ? 港区男子!」

「そう、こいつ女の子のためなら、すごいレストランでも奢ってるし。お金ばら撒いてる」

「やめろよ~」

(男だけで)盛り上がって楽しそうである。そこで笑顔で質問を投げかけてみた。

「そうなんだ~。じゃあ一人の女の子を落とすのに使うのって、だいたいいくらですか?」

 私が、女の子を落とすためにお金をばら撒くと聞いて思い浮かぶハイスペは、

●「俺とやったら結婚するまで生活の面倒みてやる!」が口癖の、マンションを3棟持つ、とあるオーナー企業の社長

●同棲していた彼氏と別れて行き場に困る港区女子に、住まいが見つかるまでと、下心なしに有名ホテルを2週間近く取ってくれたレコード会社の役員(実際、ホテルには来ない)

●「俺の言葉が信用できないならこれ使って。そんくらい惚れてるから」と海外留学する港区女子に国際キャッシュカードを渡した弁護士

──とかである。まさか目の前の男にそれは無理であろう。「バーキンを買ってあげた」「カルティエを買ってあげた」といった、ありきたりなところかと思ってリアクションをどうするか考えていたら、彼らのうちの1人は真顔になり、

「その質問いい質問だよね、ぶっちゃけ、ぶっちゃけちゃうよ?」

 といって、こう続けた。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス