国内

がん保険CM出演の山下弘子さん 患者のロールモデルにと願った

山下弘子さんは自分が患者のロールモデルにと願った

 5年以上に及ぶがん闘病の末、3月25日に亡くなった山下弘子さん(享年25)。生命保険会社「アフラック」のCMに嵐の櫻井翔(36才)と出演し、「がんになって、いい子をやめました」と語っていたのを覚えている人も多いだろう。

 そんな最愛の妻との「最期の思い出」を語るのは夫で兵庫県議会議員の前田朋己さん(37才)だ。

 * * *
 がんが見つかるまでのひろ(山下弘子さんの愛称)は、周囲の反応を見ながら相手が求める理想像を演じていたそうです。でも、がんになって、「他人が求める自分じゃなく、自分が生きたい自分を生きたい」と思うようになって、アフラックのCMでは「いい子をやめます」と宣言したのです。

 どんな人生であっても自分が主人公なのだから、前向きに1分1秒を大切にして「今を生きる」ことが何よりも大事なはず。ひろはそのことを命を懸けて伝えようとしたのです。

〈その言葉を実現させるため、闘病中の弘子さんはさまざまな活動に身を投じた。彼女が講演で「人生は長さよりも濃さに意味がある」と語ると、多くの聴衆が涙した。〉

 ひろは小さい頃から論語や聖書を読んでいて、「万事が益となる」──“苦境にも必ず意味がある”という教えを学んでいたので、病気になったことには意味があり、自分は絶対に治ると信じていました。

 がんと闘いながらの講演活動は痛みや苦しみも多く、まさに一進一退を繰り返しながらの活動でした。でも講演を聞いた人から「感動しました」「生き方を前向きに考え直すきっかけになった」と感謝されると、大きな励みになっていたようです。

〈そんな弘子さんの活動に対し、時に「余命宣告ビジネス」「死ぬ死ぬ詐欺」と心ない批判が寄せられた。落ち込んだ彼女は取材依頼をすべて断ったこともあった。〉

 本来、がんと闘う上では、24時間ほとんど病気のことを考えないほうがメンタルコントロールは楽なんです。

 講演を行うとなるとどうしても準備が必要となり、肉体的ストレスだけでなく、精神的ストレスも多い。がんのことを考えなければならないですから。だから病気のことを考えれば、講演はしないほうがよかった。もともと彼女は表に出て話をするタイプじゃないし、自由に生きたいのに顔が知られると生きにくくなる面もありましたしね。

 それでも、ひろはがんになっても前向きに自分の人生を楽しむことを世の人に示したいという思いが強かったから、再び講演を始めたんです。

 CMに出たのも「がんになってもチャレンジしていいんだ」という信念からでした。自分がロールモデルになることでがん患者の気持ちが少しでも前向きになってくれたらいいと心から願っていたんです。

〈がん患者でも人生を楽しめる…そう信じた弘子さんの生き甲斐となったのが海外旅行だった。がん発覚後、入退院の合間を縫うようにして30か国近くを訪問した。その多くに朋己さんは同行した。〉

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン