山下弘子一覧

【山下弘子】に関するニュースを集めたページです。

アフラックのがんCM出演、山下弘子さんの夫が今考えること
アフラックのがんCM出演、山下弘子さんの夫が今考えること
 兵庫県議会議員の前田朋己さん(37才)が、5年以上に及ぶがん闘病の末、3月25日に亡くなった妻の山下弘子さん(享年25)の想い出を語った。弘子さんは、生命保険会社「アフラック」のCMに嵐の櫻井翔(36才)と出演し、「がんになって、いい子をやめました」と語っていたのを覚えている人も多いだろう。 弘子さんは立命館大学在学中の2012年秋、肝臓がんが見つかり、「余命半年」と告げられる。朋己さんが彼女と出会ったのはそんな時期だった。2017年6月大阪市内で挙式。 がん患者でも人生を楽しめる──そう信じた弘子さんの生き甲斐となったのが海外旅行だった。がん発覚後、入退院の合間を縫うようにして30か国近くを訪問した。その多くに朋己さんは同行した。 夫のサポートで困難にめげず人生を謳歌していた弘子さんだったが、あることで大きなショックを受けた。「昨年、放射線治療をした時、ひろ(弘子さん)が医師に“子宮に近いから卵子を凍結した方がいいんじゃないですか?”と聞いたら、“あなたはもう無理ですよ”と言われたそうです。彼女は常々、“結婚と出産という人生のフルコースを味わいたい”と言っていたので、子供ができないと聞いた時は落胆して、泣きながらぼくに伝えにきました。本当に悲しそうでした。 ぼくは“子供ができない人生でもいいんじゃないの”と言って、“医療の進歩はすごいから何年か後に再生医療で子供ができるようになるかもしれへんから、また期待すればいいんじゃない”と伝えると、彼女は希望が持てたのか、笑みを浮かべてくれました」(朋己さん、以下「」内同) このように弘子さんは闘病中に何度も「医療情報の壁」にぶち当たった。その苦しみを知る朋己さんは、医療環境の改善を天国の妻に誓う。「ひろは、たまたまのご縁や友人の尽力もあり、適切な医療を受けることができました。しかし、同じレベルの医療が受けられない人が大勢いて、ひろは悔しくて悲しい思いを抱えていました。“情報がもっと伝わり、みんなが適切な医療を受けられるようにしたい”というのが彼女の願いでした。 末期がんで標準治療が終わったら緩和ケアを勧められることも、患者にとっては死を待つことと同じです。患者の立場からすると、わずかでも希望を持てることが残りの人生を生きる上で非常に重要。そうした治療法を広めたいとひろはずっと望んでいたので、ぼくは政治家としてその遺志を継いでいきたい。妻と同じ苦しみを持つ人に同じ思いをさせないように、さまざまな仕組みを変えていくことが必要だと思います」 弘子さんが人生をかけて遺した数々のメッセージは多くの人の心を動かした。弘子さんの通夜では、面識のない50代の男性が朋己さんを訪れた。「“彼女は命の恩人。ぜひ焼香をさせてほしい”と言われたので話を聞くと、ステージIIIの肝臓がんがわかり、自暴自棄になって治療を拒否していた時期に妻を知り、“20才そこそこの子が頑張っているのだからおれも頑張らないと”と勇気を出して治療に励み、完治されたとのことでした。 彼女のメッセージが多くの人に生きる希望を与えたことを改めて実感しました。ぼくにとってひろは最愛の妻であり、人生の師匠でもありました」※女性セブン2018年5月10・17日号
2018.05.07 16:00
女性セブン
がん保険CM出演の山下弘子さん 患者のロールモデルにと願った
がん保険CM出演の山下弘子さん 患者のロールモデルにと願った
 5年以上に及ぶがん闘病の末、3月25日に亡くなった山下弘子さん(享年25)。生命保険会社「アフラック」のCMに嵐の櫻井翔(36才)と出演し、「がんになって、いい子をやめました」と語っていたのを覚えている人も多いだろう。 そんな最愛の妻との「最期の思い出」を語るのは夫で兵庫県議会議員の前田朋己さん(37才)だ。 * * * がんが見つかるまでのひろ(山下弘子さんの愛称)は、周囲の反応を見ながら相手が求める理想像を演じていたそうです。でも、がんになって、「他人が求める自分じゃなく、自分が生きたい自分を生きたい」と思うようになって、アフラックのCMでは「いい子をやめます」と宣言したのです。 どんな人生であっても自分が主人公なのだから、前向きに1分1秒を大切にして「今を生きる」ことが何よりも大事なはず。ひろはそのことを命を懸けて伝えようとしたのです。〈その言葉を実現させるため、闘病中の弘子さんはさまざまな活動に身を投じた。彼女が講演で「人生は長さよりも濃さに意味がある」と語ると、多くの聴衆が涙した。〉 ひろは小さい頃から論語や聖書を読んでいて、「万事が益となる」──“苦境にも必ず意味がある”という教えを学んでいたので、病気になったことには意味があり、自分は絶対に治ると信じていました。 がんと闘いながらの講演活動は痛みや苦しみも多く、まさに一進一退を繰り返しながらの活動でした。でも講演を聞いた人から「感動しました」「生き方を前向きに考え直すきっかけになった」と感謝されると、大きな励みになっていたようです。〈そんな弘子さんの活動に対し、時に「余命宣告ビジネス」「死ぬ死ぬ詐欺」と心ない批判が寄せられた。落ち込んだ彼女は取材依頼をすべて断ったこともあった。〉 本来、がんと闘う上では、24時間ほとんど病気のことを考えないほうがメンタルコントロールは楽なんです。 講演を行うとなるとどうしても準備が必要となり、肉体的ストレスだけでなく、精神的ストレスも多い。がんのことを考えなければならないですから。だから病気のことを考えれば、講演はしないほうがよかった。もともと彼女は表に出て話をするタイプじゃないし、自由に生きたいのに顔が知られると生きにくくなる面もありましたしね。 それでも、ひろはがんになっても前向きに自分の人生を楽しむことを世の人に示したいという思いが強かったから、再び講演を始めたんです。 CMに出たのも「がんになってもチャレンジしていいんだ」という信念からでした。自分がロールモデルになることでがん患者の気持ちが少しでも前向きになってくれたらいいと心から願っていたんです。〈がん患者でも人生を楽しめる…そう信じた弘子さんの生き甲斐となったのが海外旅行だった。がん発覚後、入退院の合間を縫うようにして30か国近くを訪問した。その多くに朋己さんは同行した。〉◆未来の予定を立てることは生きるエネルギーに「めざせ、海外50か国」がひろの合言葉で、「次は“天国にいちばん近い島”であるニューカレドニアでダイビングをしたい」と言っていました。直近ではアイスランドでオーロラを見たり、氷河に乗ったりしていましたね。ぼくもメキシコで一緒にダイビングを楽しみました。 彼女は日常のなかで小さな目標を立て、生活に張り合いや生きる意味を持っていました。いつ人生が終わるかわからないなかで、未来の予定を立てることは生きるエネルギーになります。だからぼくも彼女に旅行プランを作るようお願いしていました。 だって、ただの細胞に過ぎないがんに自分の行動を制限されるのは嫌じゃないですか。もちろんリスクを認識しながら、できる範囲でやれることを楽しもうというのがぼくらの考え方でした。 また闘病中はどうしても感情的になりやすいので、ぼくは彼女の感情を一定に保つことを意識しました。がんマーカーが下がっても派手に喜ぶでもなく、「そうか」と言って、逆に上がっても「ああ、そうなんや」という感じでした。 傍からは冷血に見えたかもしれませんが、ぼくや家族が悲しい感情を表に出すと、ひろはぼくらに心配かけないように我慢したり、頑張ったりします。だからぼくが泣いたのは、結婚式で彼女のドレス姿を見た時の1回限りです。 感情を出さない代わりに、新しい治療法の情報などをしっかりと調べて彼女に伝えました。「一緒にがんと闘っているんだよ」というメッセージを送って、寂しい思いをさせないよう心がけていたんです。がんとわかってから、腫れ物に触るような対応をする人が多かったので、ひろは普通に接してくれるぼくの態度が嬉しかったと言っていました。 ぼく自身、普段の何気ない日常生活で一緒においしいものを食べたり、ソファで一緒に寝転がって過ごしたりするのがいちばん楽しかった。何気ない日常生活がいちばんの思い出です。 結婚してつらかったことは1つもありません。ぼくたちは、時間が経てば経つほど夫婦の絆が深まりました。※女性セブン2018年5月10・17日号
2018.05.05 16:00
女性セブン
がん保険CM出演、山下弘子さんの夫が語る数々の思い出
がん保険CM出演、山下弘子さんの夫が語る数々の思い出
 もしあなたのパートナーが、いつ亡くなってもおかしくない状況だったら?──19才の時に余命半年を宣告された女性は、ある男性と出会い、生きる目標を見つけ、何気ない日常を明るく笑って過ごすことで、その後の5年間を全力で生き抜いた。ふたりの出会い、そして先日突然訪れた永遠の別れを夫が初告白。 * * * 亡くなる約1か月前の2月28日午前3時に妻から電話がありました。「とも、行ってくるからね、手術室に。愛しているよ」と言われたから、「ぼくも愛しているからね」って返しました。それから、いつものように「言うても、あなたは寝ているだけでしょ。頑張るのは医者やからね」と軽口を叩きました。 それが彼女との最後の会話になりました。ただ、その時はぼくも彼女も、無事に手術を終えて戻ってくると思っていたんです…。〈最愛の妻との「最期の思い出」を語るのは兵庫県議会議員の前田朋己さん(37才)。彼の妻は5年以上に及ぶがん闘病の末、3月25日に亡くなった山下弘子さん(享年25)だ。生命保険会社「アフラック」のCMに嵐の櫻井翔(36才)と出演し、「がんになって、いい子をやめました」と語っていたのを覚えている人も多いだろう。〉 手術の直前、“ひろ”は友人と京都に1泊旅行へ。昨年末から不安定だった体調が2月中旬から戻りつつあり、京都でお寺巡りや芸妓体験をしたそうです。でも大阪の実家に戻った翌日に気管のがんが大きくなって出血して肺機能が低下。2月28日に緊急手術をした後は意識が戻ることはありませんでした。〈県議として多忙な日々を過ごす朋己さんは毎日、仕事を終えると、職場と病院を往復3時間かけて行き来して、眠ったままの妻を励ました。だが朋己さんや家族の看病の甲斐なく、弘子さんは帰らぬ人となった。〉 ひろはもう20回以上も手術を受けているので、今回も必ず帰れると思っていたはずです。ぼくや家族にとっても「まさか」という結果になりましたが、ぼくは彼女に出会えたことを感謝したい。妻と過ごした5年間はぼくの人生で最も幸せな時間でした。〈がんを患い、余命を告げられながらも、生きる希望を失うことなく、自らの人生を生き抜いた妻の死から1か月、朋己さんが本誌・女性セブンだけに初めて現在の心境を明かした。〉◆結婚生活の中でぼくが唯一涙を流した日 2013年6月に知り合いました。ひろの第一印象は「若いのに頭がよくて考え方も面白く、 すごくいいな」というものでした。が、彼女の方は「チャラい奴だ」と思ったみたいです。髪形も爆発してたし、初対面でいきなり腰に手を回してきそうな勢いだったと後に言われました(笑い)。 その席で、ひろは「私、がんなんだよね」と言いました。彼女はがんと言えば、ぼくが離れていくと思ったそうです。でも、初めて2人で会った時、がんの話をあらためて聞いたぼくが目をウルウルさせたので、「この人は好青年だ」と感じてくれたようです。それ以降、お互いを知るうちに、同じ空気感でノリも一緒だって気がつきました。〈弘子さんは立命館大学在学中の2012年秋、肝臓がんが見つかり、「余命半年」と告げられる。10時間に及ぶ大手術を経て大学に復学したが、喜びは束の間だった。肺への転移と肝臓がんの再発が見つかってしまう。朋己さんが彼女と出会ったのはそんな時期だった。 治療と再発を繰り返すなか、弘子さんは高校時代の恩師から「講演をしないか」と声をかけられ、講演活動を開始する。さらにSNSを通じた情報発信が話題を呼んで、テレビなどで取り上げられるようになった。〉 出会って1か月後にはぼくの家族とハワイに行きました。関西空港でぼくの両親に「初めまして」と挨拶してそのまま飛行機に乗ったんです。 当時、彼女はまだ20才そこそこだったので、「ぼくとつきあっていても他の男の子と遊びに行っていいからね」と伝えました。ぼくが彼女にとって「最良のパートナー」か判断するためには、いろいろな経験を積むべきと思ったんです。 実際、半年間別れていた時期もあります。ぼくはつきあって1年目くらいから結婚を望んでいましたが、彼女のなかには、「私はあなたを残して先に逝くかもしれない」という葛藤があったようです。ぼくも何人かの友人に「結婚は勧められない」と言われました。でもぼくは、「がんなんて気にしなくていいよ」と彼女に伝えました。 人間はいつどう死ぬかをコントロールすることはできません。ぼくはひろより一回り年上ですし、出歩く機会も多いから、交通事故で先に亡くなる可能性だってある。そんなことで悩む必要はない。お互い愛し合っているならいいんじゃないかと。だから、ぼくにとってがんが結婚の障害になることはなかった。 結婚に対して後ろ向きだったひろを変えたのは、『ゼクシィ』に書かれていた「結婚式の意義は親や友人へ感謝を伝えること」という言葉でした。2017年6月大阪市内で挙式しました。 ぼくはひろの病気のことで泣いたことは一度もありません。でも彼女がウエディングドレスを着た時に、一度だけこらえきれず涙がこぼれました。心から嬉しそうな表情の彼女がすごくきれいで、あまりに嬉しくて泣いてしまったんです。〈純白のウエディングドレスで幸せな笑顔を見せる花嫁の姿は、アフラックのCMでも流れた。「生まれてきてよかったな。結婚式で、そう思えました」と弘子さんはつぶやいた。弘子さんは「自分ががんになった意味は何だろう」と考え続けたと朋己さんは言う。〉※女性セブン2018年5月10・17日号
2018.04.30 16:00
女性セブン
末期がん闘病22才山下弘子さん「80才まで生きると信じる」
末期がん闘病22才山下弘子さん「80才まで生きると信じる」
 19才という若さで余命半年と宣告され、闘病記『雨上がりに咲く向日葵のように』(宝島社刊)を出版した山下弘子さん(22才)。ベリーショートがよく似合い、明るく快活に話す弘子さんは一見どこにでもいそうな今どきの22才の女性。だが、弘子さんは2年半前の2012年秋、19才の時に肝臓がんが見つかった。 手術は成功し抗がん剤治療がスタートしたが、芳しい結果は出ず肝臓がんは再々発。治療と再発を繰り返す日々が続いた。弘子さんの転機は、高校時代の恩師からの「講演をしないか?」という誘いだった。「先生は私にある乳がん患者のかたが書いた闘病記を渡してくれました。『いつか私も闘病記書いてみようかな~』と軽い気持ちで言ったら、『じゃあ、まずはうちの高校で講演してみたら?』と。“がんの経験を社会のために生かすいいチャンスかもしれない”と思って引き受けることにしたのです」(弘子さん・以下「」内同) 講演を始めるのと時同じくして、弘子さんはフェイスブックやブログでがん治療や講演、日々の生活について情報発信を開始した。そうした活動が話題になり、講演の他にテレビ番組からインタビュー取材を受けるようになる。ところが、「社会のために自分の経験を伝えたい」という思いで活動を続ける弘子さんを次なる試練が襲った。それはネット社会からの誹謗中傷だった。「私のブログを見て『生きる勇気が湧いた』といった感想をくれるかたがいて、“私のがんにも意味があった”“誰かの役に立てる”そう思っていたのですが、ネットの掲示板やブログのコメントに『余命宣告ビジネス』、『死ぬ死ぬ詐欺』などと書かれるようになりました。 私は、がんの再発が見つかってから『いつ死ぬかわからないから自分のやりたいことをやろう!』と決めて海外旅行に行くこともあったのですが、『病人ならおとなしく治療に専念すれば?』なんて言われることもありました。そんなことが多くなって、“こんな社会のために頑張る必要があるのか”とイヤになり、この時にアプローチがあった取材依頼はすべてお断りしていたんです」 落ち込む弘子さんに浮かんだのは聖書にある「自分を愛するように、隣人を愛せよ」という言葉だった。「この言葉には“隣人を愛する前にまず自分を愛しなさい”という意味が込められています。私は今まで、“やってあげているのに”という見返りを求める気持ちがあったんです。でも、そうじゃない。誰かのためではなく自分のために伝え続けていこうと思ったんです」 そうして現在もがん治療を続けながら講演、仕事を精力的にこなす。昨年末にはがんが発覚して以降、これまでの生活を記した著書『雨上がりに咲く向日葵のように』を出版した。 昨年、弘子さんは休学していた大学に退学届を出した。現在は母親の会社で経理として働きながら、株の運用を開始。「自立できるくらいの収入を得られるようになってきた」という。「私の体にはまだいくつものがんがあり、治療では強い副作用が出てしまうこともあります。去年の春は、抗がん剤の副作用で全身が真っ赤に腫れ上がり発疹が出ました。痒くて痒くてたまらなく、全身が焼けるように熱い。それで氷枕や氷を入れた袋を体中に貼りつけるのですが、今度は体温が下がりすぎて震えてしまう。眠ることもできず地獄のようなつらさでした。でも、そうしたリスクがあっても治療に挑み続けるのは、がんと“共生”していくためです。 余命半年といわれながら、私は今こうして元気に暮らしています。手術を重ねるたび“目の前の壁を越えれば奇跡がある”と強く思い込みます。私はただがんを持っているというだけ。友人と恋バナもするし、仕事の悩みも相談し合う。私が生きているだけで、家族は涙が出るほど喜んでくれます。私が元気で笑っていることが最大の親孝行なのです。私は99%、80才まで生き続けると信じています」※女性セブン2015年2月12日号
2015.02.02 11:00
女性セブン

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン