ビジネス

都内最大級の巨大納骨堂 建物の建設で近隣の反対運動起きず

「目黒御廟」内の参拝室

 最近、車内広告や新聞の折り込みチラシで見かけることが多いビル型納骨堂。中でも、お参りする際に遺骨が自動で運ばれてくる機械式納骨堂は、都心を中心にブームとなっている。ノンフィクションライターの井上理津子氏が、そんな納骨堂の内奥をレポートする。

 * * *
 JR山手線目黒駅から、しゃれた外観のマンションが建ち並ぶ坂道を3分ほど上がった高台に、シルバーグレーのスマートな建物がある。1月にオープンした「目黒御廟」、自動搬送式の納骨堂だ。館内に入れば、ホテルのようなフロントがあり、女性スタッフが迎えてくれる。

 パネル装置で参拝室を選んでICCカードをかざし、その足で参拝室に行く。すると、保管庫から「厨子(遺骨収納箱)」が自動搬送され、花と香炉を備えた墓石にセットされ、お参りができる。そんなハイテク技術を駆使した仕組みは既存の自動搬送式の納骨堂と同じだが、ここ目黒御廟には抜きん出た特徴がある。

「特に都心部では広さを確保しづらいため、他社の自動搬送式の納骨堂は高層ですが、当館の敷地面積は都内最大の2047平方メートル、3階建て。贅沢な造りです。お墓も都内最大級の9500基を誇っています」と、販売を担当する株式会社目黒御廟販売所長の永田一芳さんは胸を張る。

 参拝室は38箇所を数える。販売価格は、天井高や調度の違いにより、79万円、106万円、130万円の3種類(*)で、いずれも年間護持会費(管理料)が1万5000円。すでに350基が販売済みだ。

(*オープニング価格。6月11日からは、それぞれ85万円、108万円、136万円になる)

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン