• TOP
  • 国内
  • 平尾受刑者 3週間150kmサバイバル生活のすべて

国内

2018.05.10 07:00  女性セブン

平尾受刑者 3週間150kmサバイバル生活のすべて

平尾受刑者逃走150km全ルート(本誌作成)


「尾道市街に入った平尾受刑者が目をつけたのはまたも家屋の屋根裏。留守がちだったとはいえ、向島にいた頃と違い、潜伏先は住民がいる立派な住宅でした。それでも屋根裏に大胆にも炊飯器まで持ち込み、散乱したペットボトルからは『生活ぶり』がうかがえたそうです」(前出・全国紙記者)

 5日間潜伏した平尾受刑者は、29日に尾道市内でバイクを盗むと、安芸長浜駅から電車に乗り、広島駅へ。日付が変わった30日正午前、広島市内のインターネットカフェの店員が「似た人がいる」と110番通報。付近を捜索していた警察官が、路地を逃走する平尾受刑者を発見し、猛ダッシュで小学校の塀を乗り越えようとしていたところを引きずり下ろし、確保。警察官の問いかけに「もう逃げん」と観念した平尾受刑者の長い長い逃走劇に、ようやく幕が下りた。

◆鬼ごっこで捕まらない

 平尾受刑者は福岡県の出身。1才年上の兄と、6才年下の妹の3人きょうだいの真ん中だった。

「父親は自動車関連の工場に勤めていましたが、あまり裕福な家庭というわけではありませんでした。このあたりはかつて炭鉱町として栄えた地域で、平尾さん一家は閉山で仕事を失った人のために融通された住宅に住んでいました。妹思いで、年の離れた幼い妹さんをすごくかわいがっていました。よくお兄ちゃんと一緒に家の周りで遊んでいたけど、運動神経が抜群で、お兄ちゃんより足が速かった。鬼ごっこではいつも最後まで捕まらない子でした」(近隣住民)

 大きな変化が起きたのは、小学校高学年の頃。両親が離婚し、母親ときょうだいとの暮らしになった。

「お母さんは結構厳しいタイプの人だったんですが、それをうっとうしいと思ってしまったようです。それから、悪い話を聞くようになりました。スーパーで万引して捕まったとか、自転車泥棒をして警察から逃げ回り大捕り物になったとか。たばことかお菓子とか、盗んだものをいつも周囲に自慢していて、ついたあだ名は『ルパン』。高校に上がってから、車を盗んだという噂を聞いたこともあります」(前出・知人)

 平尾受刑者の刑期は、残り2年を切っていた。だが、逃走と、その間に犯した窃盗などにより、10年以上の刑期が上乗せされることは免れない。“銭形警部”の出る幕は、しばらくなさそうだ。

※女性セブン2018年5月24日号

関連記事

トピックス