芸能

フジ秋元優里アナ 離婚で仕事激減、ネットサーフィンの日々

不倫疑惑で離婚も、親権は秋元アナに

 真夜中の竹林、停車中のワンボックスカー、後部座席の男女、激しく軋むサスペンション──フジテレビの秋元優里アナ(34才)の“竹林不倫”疑惑が報じられてから3か月。この4月に生田竜聖アナ(29才)との離婚が成立した。

「あれ以来、秋元さんは担当番組を外れ、表舞台には立っていません。今は新人アナがするようなスポンサー名を読み上げるナレーションなど裏方仕事をしているようです。時間を持て余してるんでしょうか、会社の自分のデスクでネットサーフィンをしている姿もよく見ます。一方の生田さんは担当番組に淡々と出演していますが、心なしか、表情は陰って見えますね」(フジテレビ関係者)

 秋元は、決定的な“竹林現場”を報じられる1年以上前の2016年11月にも、同じ相手(フジテレビの既婚プロデューサー)とのW不倫疑惑を報じられている。その当時はすでに生田とは別居中だったという。

「離婚までに時間がかかったのは、今年で5才になる娘の親権を争っていたからです。日本では子供が10才ぐらいになるまでは、『母性優先の原則』があるので、母親が親権者になるのが一般的ですが、“離婚の原因は秋元さんの不貞だ”と生田さん側が主張して、かなり揉めたそうです。しかし、秋元さんは不倫を否定しているし、決定的な証拠もないので、結局、親権は秋元さんが持つことになりました。離婚の原因になったサイドが慰謝料を払うケースも多いですが、今回はそれもなし。ほかの離婚条件も生田さんと子供の面会くらいだそうです」(生田アナの知人)

 秋元が引き取ることになった子供は、生田家にとっては目に入れても痛くない初孫だ。それゆえ、今回の事態には怒り心頭だという。

「生田さんは保育園へのお迎えから子供の食事作りなどかなりのイクメンでしたし、子供もなついていました。それを知っているだけに、ご両親は怒りが収まらないでしょう」(前出・生田アナの知人)

 今回、離婚が成立して名実ともに別の暮らしをするようになった2人だが、今後も同じ職場の同僚だ。

「社内で聞こえてくるのは、生田アナへの同情論ばかりです。周囲も気を使って、2人が顔を合わせないように、勤務時間をずらしているそうです」(前出・フジテレビ関係者)

 現在、秋元は昼出社の夜退社、生田は早朝出社で昼退社で、勤務時間は微妙にズレているが、デスクは共にアナウンス室にあるので、まったく顔を合わせないわけにはいかない。

「すぐに秋元さんが総務部に異動するという話もありましたが、今は6月の定期異動で他部署に異動する方向で調整中だそうです」(前出・フジテレビ関係者)

 仕事は開店休業状態で、周囲は元夫に同情的となると秋元は針のムシロだが、横浜にある実家を頼りつつ、仕事はこれまで通り続けるようだ。

「子供を育てる経済力があるということも、秋元さんが親権を取れた理由の1つです。だから、どこへ異動になっても絶対に会社は辞めないそうです」(前出・フジテレビ関係者)

※女性セブン2018年5月24日号

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン