芸能

故・西城秀樹さん、才能を開花させる3人の子供たち

3人の子供たちもそれぞれの夢を追いかける

「普段から家族みんなで西城さんの70年代、80年代の映像を見て“またこんなふうに歌えるように、がんばろう”、“テレビに出るのをあきらめないでね”と、3人のお子さんがエールを送っていたそうです。西城さんも、そんな健気な子供たちのために、がんばっていたのですが…」(西城さんの知人)

 その日もそうだったのだろうか。4月25日夜、西城秀樹さんは愛する家族との団らん中に意識を失った。病院に運ばれたものの、5月16日夜に容体が急変、家族が見守る中、この世を去った。63才だった。

 女優や歌手とたびたび噂になり、“最後の独身貴族”といわれ続けた西城さんが永遠の伴侶と出会ったのは1999年、大阪でのことだった。お相手は18才年下、イギリスへの留学経験があり、土木関連の企業に勤めるキャリアウーマンだった。

 2001年に結婚すると、翌年に長女が誕生。しかし、妻が長男を妊娠中の2003年に西城さんは脳梗塞で倒れた。

「当時、“もう歌えないなら歌手を引退しよう”と弱音を吐いたこともありました。しかし、奥さんの励ましのもとリハビリに励み、2004年には次男に恵まれました」(スポーツ紙記者)

 まだ子供が幼い中での闘病生活だったが、2011年に再発。一命は取り留めたものの、右半身に麻痺が残った。

「あまりのつらさに“死にたい”と漏らしたこともありました。そのときには、奥さんが“焦らないで”と、寄り添ったそうです」(前出・西城さんの知人)

 妻の献身でリハビリに励み始めた西城さんだったが、やはり思うように体は動かない。そこには歌手として完全に復帰できない悔しさのほかに、子供たちと遊べないつらさもあったという。

 後遺症で体に麻痺が残った西城さんは、息子たちと公園で追いかけっこやキャッチボールをしたり、思う存分、外で遊ぶことができなかった。男親としては男同士の触れ合いを願っていたのだったが、それができないジレンマに陥っていたという。

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン