国内

柴門ふみ&石田衣良対談「女の欲望は否定される時代」

柴門ふみ×石田衣良が語る「大人の恋」

 三島由紀夫の長編小説『美徳のよろめき』がベストセラーになったのは今から約60年前のこと。「よろめき」は流行語にもなり、“妻であり、母であっても恋愛をすること”がセンセーショナルを巻き起こした。時代を超えた今、不倫は大きなニュースになり、「結婚しているのに、子供がいるのに」という声高な批判も聞こえるなか、恋愛漫画の名手・柴門ふみが世間に投げかけたのが、女性セブンで連載されている『恋する母たち』での「母が恋をしてはいけませんか?」という問いだった──。

 3人のアラフォー女性が不倫について逡巡する様を描く『恋する母たち』の単行本1・2巻、2巻同時発売を記念して、作者である柴門ふみと、“恋愛小説の第一人者”である石田衣良とのスペシャル対談をお届けする。

石田衣良(以下、石田):つい先日の話ですが、朝ドラ(NHK連続テレビ小説『半分、青い。』)で“いつだって不倫は主婦の憧れ”といったナレーションが流れて炎上してましたね。あぁ、これが今の世の中だなと、改めて実感したな。40代以上の大人の女性の欲望は、いってみれば、世間で幽霊と同じような扱い。ほぼ“ない”ものとして、みんなごまかして生きている。

柴門ふみ(以下、柴門):結局、今までの時代では、男性の欲望は肯定するけれども、「女性というのは欲望がない性だ」みたいな決めつけをしてきてしまった。「男性は欲望を持っている性だから、セクハラをしてもしょうがないんだよ」みたいなことを男性自身が平然と語る、言い訳の文化がありますよね。

石田:でも、女性にも欲望はある。

柴門:そう。でも世間を騒がせている芸能界の不倫問題にしたって、男性はそんなに大きな痛手を負わないのに、高橋由美子さん(44才)でも、斉藤由貴さん(51才)でも、アラフォー以上の女性がいざ不倫をすると世間から袋叩きにされてしまいます。

石田:ある種の古い家庭観や道徳観みたいなものが、日本の社会に根強く残っているんですよね。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン